《インフェルニティ・バリア/Infernity Barrier》

カウンター罠
自分フィールド上に「インフェルニティ」と名のついた
モンスターが表側攻撃表示で存在し、
自分の手札が0枚の場合に発動する事ができる。
相手が発動した効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。

 EXTRA PACK Volume 4で登場したカウンター罠
 インフェルニティ専用のサポートカードであり、効果モンスター効果魔法・罠カード発動無効にし破壊する効果を持つ。

 広範囲に対応するカウンター罠であり、【インフェルニティ】の強さを支える一枚。
 特に《インフェルニティ・デーモン》サーチできることが重要であり、大量展開からこのカード《インフェルニティ・ブレイク》を多数サーチし、反撃の芽を摘み取るのが基本戦術となる。

 勝負を決める局面では強力な反面、発動条件は見かけほど緩くはない。
 手札が0枚かつフィールドに必要なインフェルニティ表示形式も指定されている。
 大量展開に成功すれば難なく満たせる条件ではあるが、うまく展開できなかった場合、条件を満たしづらく一転してお荷物カードと化す。
 【インフェルニティ】では手札0枚からの《インフェルニティ・デーモン》ドローによる一発逆転もありうるので、展開が無理でもなるべく手札を0枚にした上でこのカードを腐らせないようにしたいところ。
 このカードのために《インフェルニティ・ネクロマンサー》《インフェルニティ・リベンジャー》攻撃表示特殊召喚する、あるいはこのカードが無くても攻撃表示特殊召喚ブラフをかけるテクニックは重要なので覚えておきたい。

 通常の【インフェルニティ】以外では、【リローダーパーミッション】でも頼れるカウンターとなる。
 こちらは《インフェルニティ・リローダー》を用意して手札を0枚にすることがデッキ回転させる前提であるので、さほど発動条件に苦しむことはない。
 マストカウンターを見極め上手く使っていくと良いだろう。

関連カード

―同じカードに対応し無効にして破壊するカードについてはカウンター罠を参照。

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《処刑人−マキュラ》《バブルイリュージョン》効果適用されています。
  手札がこのカード1枚のみの時にこのカード手札から直接発動できますか?
A:できません。(13/03/09)

Q:自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するインフェルニティモンスターが、戦闘破壊が確定しているモンスターだけの場合でも、戦闘破壊される前であれば《インフェルニティ・バリア》の発動条件を満たすことができますか?
A:できます。(13/03/31)


Tag: 《インフェルニティ・バリア》 カウンター罠 インフェルニティ

広告