《インフェルノイド・シャイターン/Infernoid Pirmais》

特殊召喚・効果モンスター
星1/炎属性/悪魔族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの全ての効果モンスターのレベル・ランクの合計が8以下の時、
自分の手札・墓地から「インフェルノイド」モンスター1体を
除外した場合のみ手札から特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動に対して対象のカードを発動できない。
(2):相手ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した炎属性悪魔族特殊召喚モンスター
 インフェルノイド共通の召喚条件誘発即時効果セットされたフィールドのカードデッキ戻す起動効果を持つ。

 (1)の効果により、セットカードであれば種類を問わずバウンスが可能。
 そのため、展開を始める前の露払いとしては扱いやすく、状況に応じて魔法・罠カードモンスターかで、戻すカードを的確に見極めたい。
 レベル1のため、《ワンチャン!?》などのサポートカードサーチが可能であり、手札加えることはそう難しくない。
 しかし、《名推理》《モンスターゲート》を利用して墓地を肥やすインフェルノイドにそれらサポートカードが入るかというと微妙なところである。

 また、攻撃力守備力ともに0のため下級インフェルノイドの中でもことさらに場を整えるという意味合いが強い。
 他のカードを併用しない限り場持ちは良くないため、この効果使用後に速やかに攻め入る準備を行いたい。

 (2)の効果相手ターンのみ使用可能なフリーチェーン除外効果
 除去チェーンする形で自身をリリースして損害を抑えたり、墓地対象とするカードへのメタになる。
 墓地に落ちた後は後続のインフェルノイド除外コストになる。

  • 「シャイターン」は「サタン」をアラブ語で発音したもの。
    ルシファーと同一視される。
    邪悪の樹では、「1i」の位置に割り振られている。
    • 英語名はラトビア語で「1番目」を意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドセットされている《和睦の使者》対象として、相手の《インフェルノイド・シャイターン》の(1)の効果発動しました。
  その発動チェーンして《サイクロン》発動した場合、さらにチェーンして対象となっている《和睦の使者》発動する事はできますか?
A:できます。
  この場合、(1)の効果の処理は適用されず、《和睦の使者》墓地へ送られます。 (15/02/13)

Q:自分フィールドセットされている《奈落の落とし穴》対象として、相手の《インフェルノイド・シャイターン》の(1)の効果発動しました。
  その発動チェーンして《サイクロン》発動し、その《奈落の落とし穴》破壊された場合、効果処理はどうなりますか?
A:処理は適用されません。
  《奈落の落とし穴》墓地に残ったままとなります。 (15/02/13)


Tag: 《インフェルノイド・シャイターン》 モンスター 星1 炎属性 悪魔族 特殊召喚モンスター 効果モンスター 攻0 守0 インフェルノイド 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告