《エクストラゲート/Extra Gate》

速攻魔法
1から12までの任意のレベルを宣言して発動する。
相手はエクストラデッキに存在する
宣言されたレベルを持つモンスター1体をゲームから除外する。
宣言したレベルを持つモンスターが相手のエクストラデッキに無かった場合、
自分の手札を1枚選択して捨てる。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した速攻魔法
 宣言した数と同じレベル相手エクストラデッキに存在するモンスター1枚を除外する効果を持つ。

 相手モンスター除外するので、墓地アドバンテージを与えない。
 速攻魔法のため、融合召喚を行う際やシンクロ素材が揃った時に合わせて発動すれば、相手の思惑を外す事ができる。
 シンクロ召喚に合わせて発動する場合、シンクロモンスターレベルが明白なので、特に宣言しやすい。
 相手ペンデュラムモンスターエクストラデッキに送られた場合も、そのペンデュラムモンスターレベル宣言して除外を狙える。

 除外するモンスターを選ぶのを相手に依存し、且つ1枚だけなので狙い通りの除外ができない場合も多い。
 例えば、同名カードが3枚採用された相手に対して発動しても、2体目が特殊召喚されるだけとなるため妨害にはならない。
 エクストラデッキモンスターを1種類ずつしか入れていないデッキに対しても、相手デッキや戦況から優先度の低いモンスターが選択されるだけとなる。
 また、【E・HERO】等の融合モンスターを主軸とするデッキは、同レベル融合モンスターが固まっている場合や複数枚採用されている場合があるため、やはり狙い撃ちしにくい。
 レベルを持たないエクシーズモンスターリンクモンスターは、当然だが除外は不可能。

 確実にモンスター除外したい場合、元々1枚しか存在していないであろうレベルモンスターを想定して宣言すれば、成功確率を上げる事ができる。
 ただしその場合は状況が限られている為、相手シンクロ召喚に合わせて発動は狙いにくい。
 レベル10の《神樹の守護獣−牙王》や、レベル12の《シューティング・クェーサー・ドラゴン》相手次第では狙い撃ちにできる。
 また、レベル2の《フォーミュラ・シンクロン》ならば狙い撃ちに加え、《シューティング・スター・ドラゴン》なども使用を封じる事ができる。
 エクシーズモンスター主体のデッキでも、レベル5・レベル7を宣言すれば《A・O・J カタストル》《ブラック・ローズ・ドラゴン》除外できる場合がある。
 こちらが機械族中心のデッキを使っている場合は、レベル8を宣言し、相手《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》を防ぐ目的で使う事も考えられる。

 総合的に見てディスアドバンテージを負いながら不確定な妨害を行うよりも、召喚されたモンスター《昇天の黒角笛》《神の警告》除去した方が確実である。
 特殊召喚無効にされた特殊召喚モンスター蘇生制限を満たさないので、《貪欲な壺》等を使われない限りは再利用不能なのも同じである。
 加えてこれらは、エクストラデッキ以外のモンスターにも対応できる。
 一応、妨害されにくい速攻魔法という点を活かせなくもないが、《月の書》など他の利用法もあるカードも多く、あえてこちらを使う必要性は薄い。

 基本的にデメリットである手札捨てる効果を利用するのも手。
 一連の効果の最後に捨てるため、《強制接収》発動条件を満たせる。
 捨てるカードは選択できるため、暗黒界モンスター効果発動に使うのも手ではある。

 相手に依存しやすいカードのため、一般的なデッキに採用するならサイドデッキとなる。
 【暗黒界】のようなデッキの場合は、メインからの投入も考えられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手エクストラデッキが0枚の時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/07/17)

Q:自分手札が0枚の時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/07/17)

Q:この捨てるというのは効果ですか?コストですか?
A:効果です。(11/07/17)

Q:相手エクストラデッキ《E・HERO フレイム・ウィングマン》1枚のみで、相手手札《融合》1枚です。
  相手フィールド上に《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》が存在する時に相手《融合》発動しました。
  その《融合》チェーンする形でこのカードを発動レベル6を宣言しました。
  この後の処理はどうなりますか?
A:まず相手エクストラデッキからレベル6の《E・HERO フレイム・ウィングマン》除外します。
  これによりエクストラデッキが0枚になり、《融合》効果解決時には融合召喚が行えないため、そのまま《融合》は不発になります。(11/07/31)

Q:相手エクストラデッキ《E・HERO フレイム・ウィングマン》1枚とレベル6以外の融合モンスター1枚の計2枚で、相手手札《融合》1枚です。
  相手フィールド上に《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》が存在する時に相手《融合》発動しました。
  その《融合》チェーンする形でこのカードを発動レベル6を宣言しました。
  この後の処理はどうなりますか?
A:まず相手エクストラデッキからレベル6の《E・HERO フレイム・ウィングマン》除外します。
  その後《融合》効果解決時、残ったもう1枚が《E・HERO ノヴァマスター》など融合素材の対応するものであれば、それを融合召喚します。
  融合素材のあわない融合モンスターの場合、エクストラデッキをお互いに確認し、融合召喚できない事を確認した上で《融合》が不発となります。(11/07/31)

Q:エクストラデッキに存在するペンデュラムモンスター除外することはできますか?
A:はい、できます。除外するモンスターの選択は相手が行うため、宣言されたレベル融合モンスターまたはシンクロモンスター除外することもできます。(14/03/28)

Q:宣言したレベルモンスターエクストラデッキに存在しないと相手が回答した場合、相手エクストラデッキ公開させて真偽を確かめる事ができますか?
A:エクストラデッキの確認はテキストに含まれていないため、必ず行う義務はありません。
 公開するか否かはまず対戦しているプレイヤー同士で相談し、解決しない場合は審判の判断に従ってください。(16/06/19)


Tag: 《エクストラゲート》 魔法 速攻魔法

広告