《エルシャドール・アプカローネ/El Shaddoll Apkallone》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を無効にする。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。
その後、手札を1枚選んで捨てる。

 ストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール− デッキ強化パックで登場した闇属性魔法使い族融合モンスター
 シャドール融合モンスター共通の召喚条件特殊召喚に成功した場合フィールドのカード1枚の効果無効にする誘発効果戦闘破壊されない永続効果墓地へ送られた場合にシャドールカードサーチサルベージを行い、手札捨てる誘発効果を持つ。

 融合素材の指定は属性が異なるシャドール2体だが、メインデッキに入るシャドールの多くは闇属性で統一されている。
 そのため、《影依融合》によるデッキ融合も行える《聖なる影 ケイウス》《影依の巫女 エリアル》《影霊の翼 ウェンディ》のいずれかと組み合わせるのが基本となるだろう。
 《シャドール・ネフィリム》効果融合召喚したり、属性変更が可能な《魂写しの同化》を用いたり、シャドール融合モンスター融合素材にして融合召喚するといった手もある。

 (1)は特殊召喚に成功した場合に表側表示カードの効果無効にする効果
 永続的に適用されるので厄介な永続効果永続カードに対して強い。
 スペルスピード1だが、《神の写し身との接触》を併用すれば、相手ターンの妨害も多少は行える。
 ただし、このカード特殊召喚を介する都合上【シャドール】が苦手とする《コアキメイル・ドラゴ》等の特殊召喚封じへの対策にはならない。

 (2)は戦闘破壊耐性
 ステータスは高いとはいえないため、あって損はない。
 除去を誘うことで(3)の効果にも繋げられる。

 (3)の効果は他のシャドール融合モンスターと異なり、シャドールモンスターにも対応し、サーチも可能になっている。
 《ゲール・ドグラ》などでエクストラデッキから直接墓地へ送る事でもサーチ効果を使える。
 その後手札を1枚捨てるため、シャドールモンスターカードの効果墓地へ送られた場合の効果も使える。
 回収したシャドールモンスターをそのまま捨てられる反面、《影依融合》などを手札に加えた場合は他に捨てるカードが必要になり、ディスアドバンテージの回復に繋がらない。

  • カード名の由来は、メソポタミア神話に登場する半魚人の賢人「アプカル」に、玉座を意味するスローネを組み合わせたものと思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《エルシャドール・アプカローネ》の融合召喚フィールド効果モンスター状態の《影依の原核》2体で行うことはできますか?
A:いいえ、闇属性モンスター《影依の原核》2体では融合召喚できません。(19/12/07)


Tag: 《エルシャドール・アプカローネ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻2500 守2000 シャドール 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告