《エルシャドール・ウェンディゴ/El Shaddoll Wendigo》

融合・効果モンスター
星6/風属性/サイキック族/攻 200/守2800
「シャドール」モンスター+風属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは特殊召喚された相手モンスターとの戦闘では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した風属性サイキック族融合モンスター
 シャドール融合モンスター共通の誘発効果に加え、特殊召喚されたモンスターへの戦闘破壊耐性を与える誘発即時効果を持つ。

 守備力が高いが攻撃力は低く、固有の効果も限定的な戦闘破壊耐性付与のみと、極めて後ろ向きな性能である。
 【シャドール】と相性が良い風属性モンスターは少ないため、融合召喚には《影依の原核》《魂写しの同化》が必要になるが、そもそも積極的に出す必要のあるカードではない。
 通常のデッキでは、環境を見て《超融合》《影牢の呪縛》相手風属性モンスター融合素材にするために採用するのが限度だろう。

 このカードならではの運用を考えると、レベル6という程よい高さを活かしてシンクロ素材として活用しつつ、(2)のサルベージ効果へ繋げる事だろう。
 《シャドール・ファルコン》と合わせれば、レベル8のシンクロモンスターに繋げられ、さらに《シャドール・リザード》融合素材にしていれば、あちらの墓地へ送る効果とを合わせて《影依融合》を間接的にサーチする事が可能。
 攻撃力が低いため、《デブリ・ドラゴン》から蘇生して《天穹覇龍ドラゴアセンション》シンクロ素材に活用でき、《天穹覇龍ドラゴアセンション》効果蘇生させればまたサルベージ効果発動できる。
 また、モンスターへの戦闘破壊耐性を与える誘発即時効果相手ターン自分ターンで1度ずつ使えることから、《聖刻龍−ドラゴンヌート》《青き眼の乙女》との相性は抜群によい。

  • 名前の由来は、《霊獣使い ウェン》+「ウェンディゴ」だと思われる。
    「ウェンディゴ」は北アメリカのネイティブアメリカン達に伝わる精霊である。
    この精霊自体は特に風と関わりが深いわけではないが、クトゥルフ神話においては大気を象徴する神格の一柱イタクァの別名あるいはその眷属がウェンディゴであるという設定にされている。

関連カード

―《エルシャドール・ウェンディゴ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《エルシャドール・ウェンディゴ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星6 風属性 サイキック族 攻200 守2800 シャドール 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告