《エレメンタルバースト/Elemental Burst》

通常罠
自分フィールド上に存在する風・水・炎・地属性モンスターを
1体ずつ生け贄に捧げて発動する。
相手フィールド上に存在するカードを全て破壊する。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常罠
 モンスター4体をコスト相手のみの全体除去を行う効果を持つ。

 《風林火山》と異なり4属性分のモンスターを1体ずつリリースする必要があるため、《精霊術師 ドリアード》1体のみでの発動はできず、純粋にモンスター4体をリリースする必要がある。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のより扱いやすい全体除去が存在する手前、発動条件が厳しく5枚のディスアドバンテージを負うこのカードをまともに使うのは難しい。

 最も実用的な使い道は《闇よりの罠》《ジャンク・コレクター》を利用したコストの踏み倒しだろう。
 ただし、このカード墓地へ送る手段が別途必要になるため、単体で機能しないこのカードは扱いづらい面があるのは否めない。
 手札コストで処理するか、《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《おろかな副葬》を利用するなど墓地へ送る手段自体は存在するが、手間がかかるので得られるものが全体除去だけでは割に合わない場合が多い。

 まともに条件を満たすのも不可能ではなく、1枚で複数体の展開が可能なカードと組み合わせることで比較的少ないディスアドバンテージ発動できる。
 デッキからの展開が可能な《超古深海王シーラカンス》を使うのが一番やりやすく、《フライング・フィッシュ》《魂喰らい》レベル3の魚族2体を展開し、《グレンザウルス》等をエクシーズ召喚すれば条件が整う。
 《ダーク・ドリアード》レベル3以下の4属性通常モンスターデッキトップから順に置き、《魔の試着部屋》で展開してもコスト確保できる。
 《ソウル・チャージ》《トライワイトゾーン》発動補助として有用だが、当然墓地に4属性分のモンスターが必要である。
 墓地肥やしとしては《高等儀式術》が有用であろうか。
 ペンデュラム召喚で4属性を展開しリリースすれば消費を抑えられる。
 《風林火山》と同様《トレジャー・パンダー》リリースする4属性通常モンスターを1体ずつリクルートするのも手である。

 総じて、専用デッキを組めば発動自体は可能であるものの、コストやかかる手間が大きく、得られる効果と見合っていない。
 まともに発動条件を満たすならノーコストで発動できる《風林火山》の方が使いやすく、2枚発動すればこのカードと同様の効果も得られる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エレメンタルバースト》 通常罠

広告