《エンコード・トーカー/Encode Talker》

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/下/右下】
サイバース族モンスター2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、
そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した光属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先自分モンスター戦闘破壊耐性を与え、自分が受ける戦闘ダメージを0にし、その後自身又はリンク先自分モンスター攻撃力をアップさせる誘発効果を持つ。

 サイバース族縛りがあるものの、サイバース族リンクモンスターには縛りの緩いものが多く、【サイバース族】以外でも出すことが可能。
 【サイバース族】の場合、《サイバース・ガジェット》で任意のモンスター蘇生させた後に《プロキシー・ドラゴン》を呼び出せば、手札1枚消費でこのカードまで繋げられる。
 《サイバース・ガジェット》蘇生させたモンスターサイバース族ならば《サイバース・ガジェット》を素材に《リンク・ディサイプル》を呼び出してもよい。
 《スケープ・ゴート》などでトークンを4体以上特殊召喚した場合は、《リンク・スパイダー》《プロキシー・ドラゴン》経由で出せ、効果の使用に必要なモンスターも残せる。

 効果は簡単に言えば、リンク先モンスター戦闘後に発生する《オネスト》効果
 効果を使うにはこのカードの他にリンク先モンスターが必要となる。
 基本的にはリンク先モンスターで先に攻撃を行い、そのモンスター攻撃力をこのカードに加算して攻撃することになる。
 最初の攻撃無効にしないため、戦闘を行うことをトリガーとするカードと併用しても良い。

 《トライゲート・ウィザード》をこのカードの下に出し、相互リンクさせることで戦闘ダメージを増やせる。
 《トライゲート・ウィザード》攻撃時にこのカード効果を使用し、相手モンスター攻撃力を自身に加算。
 その後、このカード攻撃すれば《トライゲート・ウィザード》効果戦闘ダメージが倍になるため、最低でも4600のダメージを与えられる。

 リンクマーカーの向きを利用して、リンク先となるメインモンスターゾーンを変えることも可能。
 エクストラモンスターゾーン《リンク・スパイダー》を出し、そのリンク先《プロキシー・ドラゴン》を出す。
 《プロキシー・ドラゴン》の左のリンク先エクストラデッキからモンスター特殊召喚した後、《リンク・スパイダー》《プロキシー・ドラゴン》でこのカードを出す。
 すると、左下にモンスターが残ったまま、下と右下がリンク先となり、さらに追加で2体展開できる。

 エクストラモンスターゾーンカードを素材にしてもう一方のエクストラモンスターゾーンモンスターを出すことは可能との裁定が出ている。
 左のエクストラモンスターゾーン《リンク・スパイダー》、そのリンク先《プロキシー・ドラゴン》《プロキシー・ドラゴン》の左右のリンク先リンクモンスター以外が出ている場合、リンク先は増やせないように思える。
 しかし左のエクストラモンスターゾーン《リンク・スパイダー》を含むモンスターを使い、右のエクストラモンスターゾーンにこのカードリンク召喚すると、右から1つ目、2つ目のメインモンスターゾーンリンク先にし、エクストラデッキからの特殊召喚が可能。

  • 1つしか効果を持たないのだが「その」が7回も使われている珍しいカード
  • 同作においてPlaymakerが使用した通常罠《アージェント・リンク》のイラストに描かれている。

関連カード

―《エンコード・トーカー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《エンコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 光属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告