《エンシェント・ゴッド・フレムベル/Ancient Flamvell Deity》

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/炎族/攻2500/守 200
炎属性チューナー+チューナー以外の炎族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
相手の手札の枚数分まで相手の墓地の
カードを選択してゲームから除外する。
このカードの攻撃力は、この効果で除外したカードの数×200ポイントアップする。

 DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−で登場した炎属性炎族シンクロモンスター
 相手墓地カード除外し自身の攻撃力強化する誘発効果を持つ。

 シンクロ召喚に成功した時に相手墓地アドバンテージを失わせた上で、その除外枚数分自己強化に繋げられる。
 しかしその枚数は相手手札次第と相手依存な面があり、大抵の場合、思う様な効果が得られないだろう。
 良くて3枚除外できれば御の字といったところである。
 一応《メタモルポット》リバースさせた直後であれば、1000ポイントの強化と5枚の除外が可能。

 また、シンクロ素材が「炎属性チューナー」+「炎族」と二重に指定されているのも難点。
 特に【フレムベル】では主力となる《フレムベル・ヘルドッグ》シンクロ素材に使えないのは厳しいと言える。
 幸いあちらからリクルートできる《稲荷火》炎族なので、レベル3のフレムベルチューナーを用意できるならば、《真炎の爆発》から揃えることは可能ではある。
 特化した構築が要求されるが、レベルチューナー《ネオフレムベル・シャーマン》や、レベル1+《陽炎獣 ヒッポグリフォ》の組み合わせも考えられるか。
 それ以外では《簡易融合》で呼び出した《炎の騎士 キラー》《朱雀》が適しているだろう。

 しかし、数ある汎用レベルシンクロモンスターと比べて活躍の場が限定的である点は否めない。
 その上でこのカードエクストラデッキに採用し、デッキ構築もこのカードシンクロ召喚に寄せる価値があるかどうかはよく考えたい。
 なお、【ラヴァル】では《ラヴァルのマグマ砲兵》をメインから採用するためシンクロ召喚が容易である。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第60話において、囚人が看守に賄賂として渡していた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALの旧アクションデュエルでは、「ネオフレムベル」として扱われる。
    また、NEXTのアドベンチャーモードでは、フレムベルのチームがEXしょうかんで使用する。
    1〜5弾のストーリーにもかかわらず、このモンスターを出してくるのには違和感がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手墓地に存在するカード対象をとりますか?
A:いいえ、対象をとらず効果解決時相手墓地に存在するカードを選択します。(10/01/22)

Q:除外できるカードの枚数はどのタイミングでの枚数を参照しますか?
A:このカードの効果解決時相手手札の枚数を参照します。(10/02/02)


Tag: 《エンシェント・ゴッド・フレムベル》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 炎族 攻2500 守200 フレムベル

広告