《オーバー・ザ・レインボー》

速攻魔法
(1):自分フィールドの、元々のカード名が「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」または
「究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン」となるモンスターが効果を発動したターンに発動できる。
デッキから「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した速攻魔法
 宝玉獣を任意の数だけ特殊召喚する効果を持つ。

 発動さえできれば、カード名が異なる宝玉獣を任意の数だけリクルートでき、さらに展開を狙える効果である。
 特に《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》の2つ目の効果フィールドカードを全てデッキバウンスした後に発動すれば、1ターンキルも狙える。
 ただしそのためには、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》特殊召喚した上で更に効果発動をする必要があり、発動条件を満たすのは容易ではない。

 究極宝玉神自体が手札事故の可能性を抱える特殊召喚モンスターであるため、そこにこのカードまで採用すると手札事故の可能性は更に高まる。
 また、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》特殊召喚したターンには効果発動できず、《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》《アドバンスド・ダーク》を使わなければ【宝玉獣】で出すのは難しい。
 相手エンドフェイズ《虹の引力》を使って特殊召喚すれば、次の自分ターン効果を使用できるためある程度条件は緩和できる。

 究極宝玉神を出せる状態ではデッキ内の宝玉獣の数が少ない場合も多く、そのため特殊召喚元がデッキに限られ墓地に対応していないというのも不安の残るところ。
 《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》効果デッキに戻した場合ならばその問題も解決しやすいが、状況によっては思った以上の爆発力が見込めないこともあり得る。

 そもそも、究極宝玉神を出せる状況ならば、このカードを使用せずとも押し切れる可能性が高い。
 あくまで、オーバーキルの感じが否めないため、事故要因となるこのカードを採用するかはよく考えたい。

  • 「オーバー・ザ・レインボー(Over the Rainbow)」とは、映画『オズの魔法使い』でジュディ・ガーランドが歌った劇中歌であり、「虹の彼方へ」とも訳される。
    世界的に広く親しまれている曲で、映画公開後も多くの歌手がカバーを手掛けている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《オーバー・ザ・レインボー》 魔法 速攻魔法

広告