《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン/Odd-Eyes Saber Dragon》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
(1):このカードが手札にある場合、
自分メインフェイズに自分フィールドの光属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・フィールドから「オッドアイズ・ドラゴン」1体を墓地へ送り、
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 デュエリストエントリーデッキVSで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 光属性モンスターリリースして自身を特殊召喚する起動効果と、モンスター戦闘破壊墓地へ送った時に相手モンスター1体を選んで破壊する誘発効果を持つ。

 (1)は、手札から自身を特殊召喚する起動効果
 リリースするモンスターは1体で済み、同時に《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る事で墓地リソースを稼げる。
 聖刻リリースして効果発動させれば、ドラゴン族チューナー特殊召喚してシンクロ召喚に繋いだり、レベルドラゴン族エクシーズ召喚を狙える。
 《疾走の暗黒騎士ガイア》リリースすれば《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》サーチができ、墓地《オッドアイズ・ドラゴン》《疾走の暗黒騎士ガイア》除外して即座に特殊召喚できる。
 このカードサーチも可能な《エクリプス・ワイバーン》も有力候補だろう。
 《魔装戦士 ドラゴディウス》リクルートできる《召魔装着》ならこのカードの打点強化も行える。

 ただし、この効果を使う上で併用必須となる《オッドアイズ・ドラゴン》汎用性が低いため、そちらを先に手札に引いてしまうとディスアドバンテージとなってしまう欠点がある。
 このカード《EMドクロバット・ジョーカー》《天空の虹彩》《螺旋のストライクバースト》等とサーチ手段に恵まれるので、先に手札に持ってくるように心がけたい。

 もっとも、このカード特殊召喚モンスターではないため、(1)の効果による特殊召喚は無視して【オッドアイズ】に採用することも考えられる。
 レベル7のオッドアイズ通常召喚モンスターとしては最も攻撃力が高いため、(2)の効果と併せてアタッカーとして活用可能。
 【オッドアイズ】ならば容易にペンデュラム召喚でき、各種オッドアイズサポートカードも共有しやすい。

 (1)の効果を重視するのであれば、【カオスドラゴン】のような属性種族を活かせるデッキでの採用になる。
 前述の豊富なサーチを駆使して、《オッドアイズ・ドラゴン》よりも先に引けるように工夫したい。
 【巨神竜】に採用する場合は候補となる他のモンスターに比べて単体性能ではやや遅れを取ってしまうが、《螺旋のストライクバースト》による除去を利用できる点や、同カードサーチから自力での特殊召喚も行える点では勝っている。
 【巨神竜】関連のカードには光属性が多く存在するのでリリース対象の確保も難しくないだろう。

 (2)は、相手モンスター1体を選んで破壊する誘発効果
 発動条件戦闘破壊であるが、最上級モンスターの基準値クラスの攻撃力を持つ上に、《オネスト》にも対応しているため、発動自体はそこまで難しくはない。
 対象をとらない効果なので、近年増えている対象ににならない耐性を突破できる点も有用である。

  • 特殊召喚時の口上は「いでよ、絶望の暗闇に差し込む、眩き救いの光!《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》!」。
  • その鋭利な見た目に反して、攻撃効果どちらの演出も口から光線を放つというものだった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果処理時効果発動したこのカード手札に存在しなくなり特殊召喚ができなくなった場合でも、《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る処理を行いますか?
A:はい、行います。(15/03/21)

Q:(1)の効果の発動チェーンして発動された《虚無空間》効果でこのカード特殊召喚ができなくなった場合でも、《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る処理を行いますか?
A:はい、行います。(15/03/21)

Q:(1)の効果フィールドに存在する裏側表示《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/03/21)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時に(1)の効果《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る代わりに除外された場合、このカード特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(15/03/21)


Tag: 《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2800 守2000 オッドアイズ セイバー

広告