《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン/Odd-Eyes Saber Dragon》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2000
(1):このカードが手札にある場合、
自分メインフェイズに自分フィールドの光属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・フィールドから「オッドアイズ・ドラゴン」1体を墓地へ送り、
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 デュエリストエントリーデッキVSで登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 光属性モンスターリリースして自身を特殊召喚する起動効果と、モンスター戦闘破壊墓地へ送った時にモンスター破壊する誘発効果を持つ。

 (1)の効果による特殊召喚光属性1体のリリースで済む上に、同時に《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る事で墓地リソースを稼げる。
 聖刻リリースして効果発動させれば、ドラゴン族チューナー特殊召喚してシンクロ召喚に繋いだり、レベルドラゴン族エクシーズ召喚を狙える。
 《疾走の暗黒騎士ガイア》リリースすれば《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》サーチができ、墓地《オッドアイズ・ドラゴン》《疾走の暗黒騎士ガイア》除外して即座に特殊召喚できる。

 このカードサーチも可能な《エクリプス・ワイバーン》も有力候補だろう。
 《魔装戦士 ドラゴディウス》リクルートできる《召魔装着》ならこのカードの打点強化も行える。

 ただし、この効果を使う上で併用必須となる《オッドアイズ・ドラゴン》汎用性が低いため、手札事故のリスクが高まるのが難点となる。
 《七星の宝刀》除外してしまうとカード特殊召喚に支障をきたすため、《竜の交感》で入れ替える等の対策が必要だろう。

 (2)の効果戦闘破壊トリガーとしているが、最上級モンスターの基準値クラスの攻撃力を持つ上に、《オネスト》にも対応しているため、発動自体はそこまで難しくはない。
 戦闘破壊から連鎖しての破壊であり、一種の連続攻撃効果として使う事もできる。
 対象を取らない効果であるのもメリットだが、当然除去カードには弱いので《禁じられた聖槍》等による補助はしっかりとしておきたい。

 (1)の効果を重視するのであれば、【カオスドラゴン】のような属性種族を活かせるデッキでの採用になる。
 《螺旋のストライクバースト》《天空の虹彩》でのサーチを駆使して、《オッドアイズ・ドラゴン》よりも先に引けるように工夫したい。

 また、特殊召喚モンスターではないため、始めから(1)の効果による特殊召喚は無視して、ステータスと(2)の効果を目的として採用することも考えられる。
 【オッドアイズ】ならば容易にペンデュラム召喚でき、各種オッドアイズサポートカードも共有しやすい。
 【巨神竜】に採用する場合は候補となる他のモンスターに比べて単体性能ではやや遅れを取ってしまうが、《螺旋のストライクバースト》による除去を使用できる点はメリットになる。

  • 特殊召喚時の口上は「いでよ、絶望の暗闇に差し込む、眩き救いの光!《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》!」。
  • その鋭利な見た目に反して、攻撃効果どちらの演出も口から光線を放つというものだった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果解決時効果発動したこのカード手札に存在しなくなり特殊召喚ができなくなった場合でも、《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る処理を行いますか?
A:はい、行います。(15/03/21)

Q:(1)の効果の発動チェーンして発動された《虚無空間》効果でこのカード特殊召喚ができなくなった場合でも、《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る処理を行いますか?
A:はい、行います。(15/03/21)

Q:(1)の効果フィールドに存在する裏側表示《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/03/21)

Q:《マクロコスモス》フィールドに存在する時に(1)の効果《オッドアイズ・ドラゴン》墓地へ送る代わりに除外された場合、このカード特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(15/03/21)


Tag: 《オッドアイズ・セイバー・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2800 守2000 オッドアイズ セイバー

広告