《オルターガイスト・マルチフェイカー/Altergeist Multifaker》

効果モンスター(2018/10/01から準制限カード)
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が罠カードを発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「オルターガイスト・マルチフェイカー」以外の「オルターガイスト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「オルターガイスト」モンスターしか特殊召喚できない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 罠カード発動した場合に自身を特殊召喚できる誘発効果特殊召喚に成功した場合に同名カード以外のオルターガイストリクルートできる誘発効果を持つ。

 (1)は罠カード発動した場合に自身を特殊召喚できる効果
 【オルターガイスト】は複数の罠カードを投入する事が多いので発動の機会は多い。
 ただ、罠カードという関係上自分ターンに展開するにはタイムラグが生じやすい事は留意しておきたい。
 《無限泡影》《拮抗勝負》などの手札から発動可能な罠カード《王家の神殿》と組み合わせればタイムラグを抑えられる。

 (2)は特殊召喚に成功した時にオルターガイストリクルートできる効果
 (1)の効果以外での特殊召喚にも対応しているため、発動機会は多い。
 効果発動後の展開先は制限されるものの、【オルターガイスト】は、オルターガイストモンスターのみでも高い制圧力があるのでそこまで重いデメリットではなく、相手ターン発動すればデメリットをほとんど無視できる。

 《オルターガイスト・マリオネッター》と相性が良く、トリガーとなる罠カードサーチに加えて蘇生効果で再利用も利く。
 罠モンスター《オルターガイスト・エミュレルフ》を(1)のトリガーにして展開すれば一気に3体のモンスターが揃うので《オルターガイスト・プライムバンシー》に繋げられる。
 また、(2)の効果《オルターガイスト・シルキタス》特殊召喚すれば、その効果相手カードバウンスしつつ、このカードを使いまわすことも可能である。
 相手ターン特殊召喚した後、次の自分ターン特殊召喚することも狙える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《パーソナル・スプーフィング》カードの発動と同一のチェーンブロックにて効果使用し、このカード手札加えた場合、このカードの(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(18/01/17)


Tag: 《オルターガイスト・マルチフェイカー》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1200 守800 オルターガイスト

広告