《カウンター・ゲート/Counter Gate》

通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、自分はデッキから1枚ドローする。
そのドローしたカードがモンスターだった場合、
そのモンスターを表側攻撃表示で通常召喚できる。

 劇場版 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKで登場した通常罠
 相手直接攻撃無効にし、ドローしたモンスター通常召喚できる効果を持つ。

 ただでさえ事前に除去されやすい攻撃反応型罠カードでありながら、直接攻撃でしか発動できない。
 戦闘ダメージを回避し、ドローする罠カードとなると、モンスター同士の戦闘でも戦闘ダメージを0にできる《ガード・ブロック》の方が使い勝手が良い。

 モンスタードローした場合にフィールドに出せる事が利点となるが、通常召喚なので、レベル5以上のモンスターであれば当然アドバンス召喚のためのリリースが必要になる。
 しかし、発動条件の関係上、基本的に自分フィールドモンスターは存在せず、妥協召喚できるものか下級モンスターしか出せない。
 前者なら、《スキルドレイン》を併用する事で、妥協召喚で減少したステータスを元に戻して後続の攻撃を防ぐ事ができる。
 後者は、主に召喚に成功した場合に発動する効果バトルフェイズ中に発動させることが狙いとなるか。

 総じて、単体での使い勝手は悪いと言わざるを得ないだろう。

  • アニメ5D'sにおける「遊星vsシェリー」戦において、シェリーが類似した効果を持つ罠カード《フローラル・シールド》を使用している。
    こちらはあらゆる攻撃に対して発動できるが、後半の効果はない。
    なお、TAG FORCE5からはゲームオリジナルカードとして収録されており、プレイヤーも使用可能である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《カウンター・ゲート》 通常罠

広告