《カウンターパンチ/Destruction Punch》

通常罠
フィールド上に守備表示で存在するモンスターが相手モンスターに攻撃され、
その守備力が攻撃モンスターの攻撃力を超えていた場合、
ダメージ計算時に発動する事ができる。
その攻撃モンスターをダメージステップ終了時に破壊する。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した通常罠

 《クロスカウンター》というほぼ完全上位互換が存在するため、現在では利用価値はない。
 唯一異なるのは破壊のタイミング(こちらがダメージステップ終了時、あちらがダメージ計算後)だが、それで有効に働く例はまず無い。
 《クロスカウンター》自体も破壊効果よりダメージ倍増効果がメインとなるカードであり、4枚目以降の《クロスカウンター》としての需要もない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXで、隼人がデッキに入れているのが確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    GCソフト「フォルスバウンドキングダム」では、モンスターに持たせられるアイテムとして登場。
    敵の攻撃を跳ね返してダメージを与えるバリアを張るアイテムで、2回使用できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:どのタイミングで発動する事ができますか?
A:ダメージ計算時のみです。(14/03/29)


Tag: 《カウンターパンチ》 通常罠

広告