《ガガガシスター/Gagaga Sister》

効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 800
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ガガガ」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上の
「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターとこのカードは、
エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。
「ガガガシスター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PRIMAL ORIGINで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 召喚に成功した時にガガガ魔法・罠カードサーチする誘発効果フィールドの自身と他のガガガレベルを2体の合計した数値に変更する起動効果を持つ。

 前半のサーチ効果によって《ガガガリベンジ》サーチし、後半の効果レベルを合わせるガガガ特殊召喚するのが基本。
 展開が不要な場合や《ガガガ学園の緊急連絡網》デメリット《ガガガリベンジ》が使えない場合は、《ガガガボルト》サーチしてエクシーズ召喚前の露払いをするとよい。
 また、《オノマト連携》は自身をサーチし、手札コスト蘇生対象にするガガガ墓地に落とすこともできるので、もう1つカテゴリを搭載する必要がある事を考慮しても相性はかなり良い。

 後半の効果《フォトン・サテライト》のようなガガガ2体のレベルを合計分にする効果である。
 ガガガレベルが2〜4に分散しており、2体のレベルを調整する効果はとても重要である。
 《ガガガマジシャン》と並べれば、それぞれの効果の使用・不使用を組み合わせることでランク2〜10までの幅広いエクシーズ召喚が可能となる。
 見落とされがちだが、このカードの効果は使わずに《ガガガマジシャン》レベルを2にすることで、ランク2のエクシーズ召喚も可能である。
 特殊召喚が容易な《ガガガキッド》《ガガガクラーク》を使えば、サーチしたカードを温存しつつランク4のエクシーズ召喚に繋げることもできる。

 特に相性が良いのは《ガガガガール》であり、合計レベルが5となるため《No.33 先史遺産−超兵器マシュ=マック》エクシーズ召喚が可能。
 モンスター攻撃力を0にする《ガガガガール》効果と併せ、相手フィールド攻撃力2800以上の特殊召喚されたモンスターが存在すれば1ターンキルとなる。
 また《ガガガリベンジ》による強化分を含めれば、攻撃力2650以上のモンスター攻撃力を0にできれば1ターンキルが成立する。
 このカード《トランスターン》を使用して《ガガガガール》リクルート→このカードサーチしておいた《ガガガリベンジ》でこのカード蘇生という流れで2体を並べることも可能。

 シンクロ素材への縛りもないので、その際《ゾンビキャリア》《A・ジェネクス・バードマン》などが準備できていれば、多様なシンクロ召喚も可能。
 チューナーレベルに合わせやすく、《アーカナイト・マジシャン》《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》へもつなげやすい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:レベル4の《ガガガマジシャン》対象効果発動した際、《神竜騎士フェルグラント》効果《ガガガマジシャン》対象発動されました。
  それぞれのレベルはいくつになりますか?
A:《ガガガマジシャン》レベル4、《ガガガシスター》はレベル6(=4+2)となります。(14/03/08)

Q:自身の効果適用された後に《スキルドレイン》発動した場合、このカードと選択したモンスターレベルは元に戻りますか?
A:いいえ、どちらも元に戻りません。(14/03/05)

Q:このカード効果で上げることのできるレベルの上限はありますか?
A:ありません。(14/03/14)


Tag: 《ガガガシスター》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 魔法使い族 攻200 守800 ガガガ

広告