《ガントレット・ウォリアー/Gauntlet Warrior》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻 400/守1600
このカードをリリースして発動する。
自分フィールド上に表側表示で存在する
全ての戦士族モンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップし、
そのモンスターが戦闘を行ったダメージステップ終了時まで適用される。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 

 デュエリストパック−遊星編2−で登場した地属性戦士族下級モンスター
 自身をリリースする事で自分フィールド上の戦士族攻撃力を上昇させる誘発即時効果を持つ。

 相手ターン効果発動する場合、リリースによって自分モンスターの数が変化し巻き戻しが発生してしまう。
 ダメージステップ効果発動する事で巻き戻しの発生を防げるが、このカード表側表示の場合は迎撃しようとしていることが見え見えであるため、戦闘ダメージを減らすか攻撃の抑止程度にしかならない。
 奇襲狙いでバトルステップにこのモンスター特殊召喚した場合でも、モンスターの増加により巻き戻しが起きてしまうので同様。
 以上の点から、自分ターンでなければ使いにくい効果である。

 ネタの域ではあるが、巻き戻しすらも利用できる《伝説の騎士 クリティウス》を組み合わせるとなかなかに面白いこととなる。
 墓地蘇生を行う永続罠を用意し、《竜星の極み》等の攻撃強制型の魔法・罠カード発動すれば、相手攻撃してくれるだけで1ターンキルを達成できる。
 蘇生を行う永続罠は、モンスターフィールドから離れたときに破壊される物であれば良い。

 自分フィールド上に複数の戦士族がいれば、数値的にはなかなかの強化合計値が見込める。
 しかし永続効果でありコストの存在しない《共闘するランドスターの剣士》《コマンド・ナイト》の方が使い勝手が良い。
 一応、《スキルドレイン》の影響下でも効果が発揮できることは利点だが、そこまで考慮して強化を行いたい場面はまずないだろう。

  • 「ガントレット(Gauntlet)」とは手を防護するために着用する手袋状の防具、つまり手甲や籠手のこと。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果になります。(09/10/17)

Q:ダメージステップに使えますか?
A:はい、発動できます。
  また、その時に発動した場合は巻き戻しは起こりません。(09/10/17)

Q:ダメージ計算時に使えますか?
A:いいえ、発動できません。(09/10/17)

Q:裏側守備表示のこのカードが攻撃を受けて表側表示になった時でもそのダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/10/18)


Tag: 《ガントレット・ウォリアー》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 戦士族 攻400 守1600

広告