《クリバンデット/Kuribandit》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 700
(1):このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズに
このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚に成功したターンエンドフェイズに自身をリリースすることで、デッキトップカードをめくり、その中の魔法・罠カード1枚を手札加えて、残りを墓地へ送る誘発効果を持つ。

 墓地アドバンテージを獲得しつつ、魔法・罠カードを回収できればカード・アドバンテージを消費しない。
 自身もリリースされるので、魔法・罠カードを回収した場合は5枚、できなかった場合は6枚のカード墓地へ送られることになる。
 その種族属性ステータスから対応するサポートカードは多く、特に《ダーク・バースト》で再利用できる。

 留意点としては、自身を召喚しなければ効果発動できないことが挙げられる。
 他には効果エンドフェイズ発動するため、回収した魔法・罠カード速攻魔法でない限り、次の自分ターンまで使用できないことも挙げられる。
 また、発動エンドフェイズ時とタイムラグがあるため《エネミーコントローラー》等でコントロール奪取されると、こちらは召喚権を消費した挙句、相手効果を使用されてしまう。
 もちろん、魔法・罠カードをめくることができなければ、カード・アドバンテージを失うことになる。
 ランダム性の高い墓地肥やし共通の難点として、デッキの一部分を相手に晒してしまうため、サーチしたカードも含め、先を見越した上で対策されてしまう危険性も秘めている。
 《カードカー・D》同様、効果使用後にフィールドが空くことのフォローとして、《バトルフェーダー》《ネクロ・ガードナー》等のモンスターも採用しておきたい。

 また、単純に墓地を肥やす目的のためだけなら《カードガンナー》も存在する。
 あちらは墓地を肥やす枚数こそ少ないが、繰り返しの利用がしやすい上に速効性があり、《デブリ・ドラゴン》等の存在とドロー効果で小回りが利く。
 こちらを採用する場合、魔法・罠カードキーカードとし、墓地アドバンテージを活かせるデッキが候補となる。
 例としては、各種墓地融合《真炎の爆発》《高等紋章術》《インフェルニティガン》などが挙げられる。
 他にも、【ジェムナイト】【魔導書】であれば、《ジェムナイト・フュージョン》魔導書手札加える墓地へ送るかで選択する事ができる。
 変わったところでは、《魔界発現世行きデスガイド》を共有でき、《トリック・デーモン》効果発動できる【デーモン】でも採用候補となる。
 【シャドール】では《影依融合》サーチに使える上、シャドール墓地へ送られた場合の効果を活かせる。
 【カオスドラゴン】などでも墓地を肥やすために採用されることがある。

 カードをめくって墓地へ送る性質上、森羅ともシナジーがあるが、《森羅の実張り ピース》などの利用できるタイミングが有効でないカードも多い。
 【森羅】では森羅《増草剤》召喚権を使用する場合もあり、相手ターンでの防御力の低さを助長するリスクもある。
 防御カードを多く採用したり、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》と組み合わせるなどの工夫が必要となる。

  • 「バンデット(bandit)」とは、英語で「山賊」「盗賊」またはそこから転じて「無法者」を表す語である。
    原作の遊戯王では、キースが賞金の出る大会で優勝し、賞金をかっさらうことから「バンデット・キース」と呼ばれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札加える処理と残りのカード墓地へ送る処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/05/17)

Q:効果解決時デッキの枚数が5枚未満になった場合でも残りのカードをめくる処理は行ないますか?
A:はい、行ないます。(14/05/19)

Q:このカード召喚に成功したターンにこのカード《亜空間物質転送装置》効果除外されフィールドに戻った場合、そのエンドフェイズ効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/05/19)

Q:フィールド《ライオウ》が存在する場合でも、このカードの効果発動できますか?
A:はい、発動でき、《クリバンデット》の効果でめくった魔法・罠カード手札加える事ができず、全て墓地へ送る事になります。(14/05/29)


Tag: 《クリバンデット》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1000 守700

広告