《クルセイダー・オブ・エンディミオン/Crusader of Endymion》

デュアルモンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1900/守1200
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、フィールド上の魔力カウンターを置く事ができる
カード1枚を選択し、そのカードに魔力カウンターを1つ置く事ができる。
この効果で魔力カウンターを置いたターンのエンドフェイズ時まで、
このカードの攻撃力は600ポイントアップする。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 デュアル共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で魔力カウンターを生成し、自己強化する起動効果を持つ。

 魔力カウンターを生成する効果を持つので、基本的に魔力カウンターを使用するデッキで採用されることになる。
 魔力カウンター生成効果ノーコスト発動できるので、強力である。
 追加効果として自己強化もできるので、一般的な上級モンスター戦闘破壊することが可能である。
 あまり使用することはないが、相手フィールド上のカード魔力カウンターを置くこともできるので、攻撃力を上げる手段としては有用である。

 その他の特徴として、攻撃力1900の下級モンスターであり、アタッカーとしても使用できるので扱いやすい。
 光属性であり、《オネスト》等のサポートカードを使用できる他、カオスモンスター墓地コストにも使用できる。

 相性の良いデッキとしては、【魔力カウンター】はもちろんのこと、その高い攻撃力から、通常の【魔法使い族】でも採用の余地はある。
 【ブラック・マジシャン】【魔法使い族】では《闇の量産工場》等の通常モンスター専用カードを共有できる。
 レベル4・攻撃力1900の魔法使い族には《熟練の黒魔術師》も存在し、両者のモンスター効果は相性が良いため、両方投入するのも良い。

 もちろん、【デュアル】でも採用できる。
 《ダーク・ヴァルキリア》魔力カウンターの補充からカオスモンスター墓地コストにも使用できる。
 《デュアル・ソルジャー》《樹海の射手》を使えば、必要な時に応じてサーチすることも容易である。
 また、光属性軸の【メタビート】《E・HERO アナザー・ネオス》《デュアルスパーク》と共に投入される事もある。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D's114話においてカップラーメンマン(クロウ)に敗北した男が持っていた。
  • アニメZEXALでは、第1話で一般デュエリストが《グレンザウルス》と共に使用しているのが確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:魔力カウンターを乗せるのは、対象を取る起動効果です。(10/12/17)

Q:数値アップ後に《スキルドレイン》発動した場合、上昇数値は失われますか?
A:失われます。(10/12/17)

広告