《グリーン・ガジェット/Green Gadget》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1400/守 600
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「レッド・ガジェット」1体を手札に加える。

 LIMITED EDITION 6で登場した地属性機械族下級モンスター
 サーチャーの一体であり、召喚・特殊召喚に成功した時に《レッド・ガジェット》デッキから手札加える誘発効果を持つ。
 ガジェットトリオの中では攻撃力が最も高く守備力が最も低い。

 ガジェットはいずれもステータスが低いため、単体では使いにくい。
 《収縮》等で攻撃力を補い、《地砕き》等で除去を繰り返し、その展開力を活かしてダメージを与えるのが第一のフォローの仕方になる。

 現環境ではエクシーズ召喚して《ギアギガント X》となり、《ブリキンギョ》など、後続の機械族サーチして展開していく手法が主流である。
 《ブリキンギョ》およびガジェットトリオはいずれもレベル4であり、《サモンチェーン》などで召喚権を確保できれば複数体展開できる。

 【古代の機械】ではアンティーク・ギアをはじめ、一部のモンスターの能力を引き出す役目を持つ。
 《二重召喚》などで召喚権が用意できれば、《古代の機械巨竜》《古代の機械巨人》等のリリースを確保したうえで、追撃を仕掛けることが可能となる。
 《起動兵士デッドリボルバー》《機械複製術》を使った後に召喚すれば、攻撃力2000のアタッカーを3体並べることができる。
 絶え間なく召喚できる特性上、《古代の機械城》カウンターを続けて乗せることも可能。
 その他、《パーフェクト機械王》リリース展開・攻撃力強化を図る際にも、十分な役割を果たす。
 儀式召喚リリースも揃えやすく、《高等儀式術》と比較して高い安定性を保てる。

 【ガジェット】ガジェット3体のみが独立して用いられる事も多い。
 持ち前のサーチ効果除去カードを交えながら、絶え間ない攻撃を行う。
 機械族であるため《リミッター解除》の対象になる点や、地属性のために《ギガンテス》コストになる点も見逃せない。
 手札にダブついた場合も、《マシンナーズ・フォートレス》コストにして、手札事故回避と打点の補強を両立させる事もできる。
 こうした特徴が認められ、【除去ガジェット】【代償ガジェット】等、様々なデッキが作られる事になった。

 主な弱点として、低ステータスのために《ダーク・アームド・ドラゴン》シンクロモンスター等の特殊召喚しやすい大型モンスターに押し返される事が挙げられる。
 もっとも、ステータスの低さはエクシーズ召喚に繋げれば解決できる話であり、余程異質な構築にしなければまず問題ないと言える。
 むしろ問題なのはサーチメタで展開を封じられる場合であり、単体では戦闘でも押し切られエクシーズ召喚すら封じる《ライオウ》は最悪の天敵である。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》で後続を封殺されるとモンスターの維持が難しくなる他、単純にモンスター効果無効にされるだけでも手詰まりになりやすい。
 高い安定性こそあるが、性質上その安定性が一度でも崩壊するとかなり厳しい展開となるため、これらの対策も意識するようにしたい。

  • アニメGXの英語版では影丸が三幻魔に精気を吸い取らせる場面で、双六の店の中で吸い取られていくモンスターの中に確認できる。
  • 「遊星vsアンチノミー」戦においてアンチノミーが使用した罠カード《マグネティック・ストーム》のイラストに描かれている。

関連カード

―《グリーン・ガジェット》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《グリーン・ガジェット》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1400 守600 ガジェット

広告