《グレイブ・スクワーマー/Grave Squirmer》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
(1):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを破壊する。

 デュエリストパック−ヨハン編−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 戦闘破壊された墓地へ送られた場合にフィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 同じレベルに近しい効果を持つ《オルターガイスト・メリュシーク》が存在する。
 このカード戦闘破壊を条件にするため能動的に発動しづらく、破壊なので効果破壊耐性無効にされる。
 セット状態で相手攻撃を待つ事で返しのターンダメージを抑えられるが、あちらも《リンクリボー》リンク召喚すればダメージを受けないので優位点とは言い難い。
 よって墓地発動である点や送りつけても効果発動できる点で差別化したい。

 低ステータスであることは、自身が闇属性であることも相まって、サーチリクルートサルベージが非常にやりやすい利点にもなっている。
 また《強制転移》等の送りつけとも相性がよく、上手くいけばライフ・アドバンテージボード・アドバンテージの双方を大きく奪うことが期待できる。
 墓地発動する効果なので除外には弱いが、《スキルドレイン》適用下でも発動でき、それを除去してしまえるのも大きな利点と言える。

 以上の様に送りつけを使わなければ受け身なモンスターだが、メタとなるモンスター魔法・罠カードの突破に適したカードと言える。
 戦闘破壊依存でない《ライトロード・ハンター ライコウ》とも比べられ評価の優れない時代が長いが、このカードだけの利点も多い。
 強制効果なので必ず発動しなければならないが、攻撃してきたモンスター破壊すればいいので、自分カードを巻き込む心配はほぼない。

  • WJ2007年41号でこのカードが紹介されているのだが、カード名が「グレイブ・スクワーマ」と誤植されている。
  • アニメでのカード名は《グレイブスクワーマー》だった。
    またイラストは背景が虹色となっている。
    なおアニメでは一度もカード画像は映されず、海外アニメサイトでのみ確認できる。
  • デュエルリンクスではイベントにてユベルが使用。
    及び幅広く対応できる除去として活躍するが、かなり高い攻撃力モンスター相手でも構わず自爆特攻を敢行するため、それが仇になってしまう事も多い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《グレイブ・スクワーマー》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0

広告