《ケルドウ/Keldo》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1600
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、
相手の墓地からカードを2枚選択して相手のデッキに加えてシャッフルする。

 闇魔界の脅威で登場した地属性天使族下級モンスター
 相手墓地カード2枚をデッキ戻す強制誘発効果を持つ。

 墓地カードを減らすという点においては、カード除外する《霊滅術師 カイクウ》《D.D.クロウ》と同様の働きをする事になる。
 デッキへのバウンスと、除外のどちらが効果的かというのは、環境や想定する相手によって異なるため、一概には言えない。
 しかしこちらは戦闘破壊なので発動が難しく、強制効果かつ必ず2枚のカードを選択する必要があるため、デッキに戻したくないカードを選択せざるをえない状況が生じるため扱いにくい。
 《霊滅術師 カイクウ》と比較した場合、魔法・罠カードを選択できる範囲の広さも相違点となるが、それらは発動後早めに除外等してアドバンテージを取る事を目的としているものが多く、戦闘破壊というタイミングが上手く噛み合わない事もある。

 墓地カードデッキに戻したいだけなら、フリーチェーン自分カードも戻せる《転生の予言》1枚でも十分作用する。

 カオスモンスターダークモンスター特殊召喚に対する、メタカードとしての採用も考えられる。
 これらを軸としたデッキ帰還カードを採用している場合も多く、除外はあまり効果が出ないためである。
 もっとも、このカードでは追いつけない程の速度で墓地肥やしを行うデッキも多く、このカードのみに頼る事はほぼ不可能である。
 効果自体は【ラヴァル】【甲虫装機】といった墓地を利用するデッキの対策になるだけに、戦闘破壊にしか対応していないのは惜しい。
 《アルケミー・サイクル》などとコンボして自爆特攻すれば効果を能動的に活かせるが、確実なアドバンテージを得ているとは言いがたい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ケルドウ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 天使族 攻1200 守1600

広告