《コアキメイル・ウォーアームズ/Koa'ki Meiru War Arms》

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1400/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の戦士族モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
1ターンに1度、自分の墓地に存在するレベル3以下の
戦士族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備した
モンスターの攻撃力の半分の数値分アップする。
このカードが戦闘によって破壊される場合、代わりに装備したモンスターを破壊する。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した地属性戦士族下級モンスター
 コアキメイル共通の維持コスト効果外テキスト)と、墓地からレベル3以下の戦士族装備できる起動効果、その攻撃力の半分だけ自身の攻撃力を上げる永続効果装備カードを身代わりにして戦闘破壊を免れる誘発効果を持つ。

 他のコアキメイルの様なメタ効果はなく、コアキメイルレベル3以下の戦士族は存在しないのでシナジーは薄い。
 この効果【コアキメイル】よりもむしろ【戦士族】で発揮するべきだろう。
 レベル3以下という制約が足を引っ張るが、シンクロ召喚に使用した《カオスエンドマスター》《チューン・ウォリアー》辺りを装備できれば効率は悪くない。
 また、元々の攻撃力1400と言う数字は《奈落の落とし穴》破壊されず、《荒野の女戦士》からもリクルート可能であり、いいとこ取りの攻撃力と言える。

 《TG ストライカー》《極星霊ドヴェルグ》装備すれば、このカードフィールドから離れてもカードサーチできる。
 《クロス・ポーター》であればネオスペーシアンサーチできるため、【コンタクト融合】での投入も考えられる。
 なお、変わった使い方としては装備した《N・アクア・ドルフィン》コンタクト融合する事もできる。

 効果戦士族サイバー・ダークといったところだが、あちらは召喚時のみなのに対し、こちらは1ターンに1度任意で効果発動可能である。
 そのため、《強制終了》を毎ターン発動でき、相性が良い。
 装備可能な中で2番目に高い攻撃力ガガガズババサーチできる《オノマト連携》を使用し、攻撃力確保も狙えるか。

関連カード

戦士族のコアキメイル

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果装備していないドラグニティユニオン戦闘破壊される時の代わりに使えますか?
A:はい、できます。(10/09/18)

Q:自身の効果で複数枚装備しているとき、1度の戦闘破壊でそのカード全部が同時に代わりで破壊されてしまいますか?
A:はい、全て破壊されます。(10/09/18)


Tag: 《コアキメイル・ウォーアームズ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻1400 守1200 コアキメイル

広告