《コンタクト/Contact》

通常魔法
自分フィールド上の「C(コクーン)」と名のついたモンスター全てを墓地に送り、
そのカードに記されているモンスター1体を手札またはデッキから特殊召喚する。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 自分フィールド上のコクーンを全て墓地へ送り、そのモンスターに応じたネオスペーシアンを1体だけ特殊召喚する効果を持つ。

 コクーンを何体墓地へ送っても、特殊召喚できるネオスペーシアンは1体のみ。
 このため、コクーンを大量展開する《コクーン・パーティ》とはコンボできない。
 同じようにコクーンからネオスペーシアン特殊召喚するなら、《ネオスペース》コクーン自身の効果を使った方がディスアドバンテージが少なくて済む。
 《ネオスペース》が来なかった時の保険としてこのカードを入れるなら、《テラ・フォーミング》《ネオスペース・コンダクター》を入れた方が良い。
 《コクーン・リボーン》コクーンネオスペーシアンに1対1で変換できるカードであり、そちらと比べても使いづらさは歴然としている。

 同じ2枚のカードコンボなら《モンスター回収》《ナーガ》で全てのネオスペーシアン特殊召喚できる。
 また、《N・アクア・ドルフィン》以外は対応するコクーン《トランスターン》を使えばリクルートできてしまうので、制約に多少の差異はあるが、実質《トランスターン》下位互換に近い。

  • コナミのゲーム作品において―
    「デュエルリンクス」では遊城十代/ユベルが使用した際に専用のセリフを言う演出がある。
    その時「現れろネオスペーシアン達!」と言うのだが、前述の通りこのカード特殊召喚できるネオスペーシアンは1体のみである。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《C・ドルフィーナ》《C・モーグ》の2体がフィールドに存在しています。
  この状態で発動した場合、どうなりますか?
A:特殊召喚できるのは1体だけです。
  そのため、《N・アクア・ドルフィン》《N・グラン・モール》どちらか1体だけ特殊召喚します。


Tag: 《コンタクト》 魔法 通常魔法

広告