《サイバー・エンジェル−荼吉尼(だきに)−/Cyber Angel Dakini》

儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2400
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の儀式モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):自分エンドフェイズに自分の墓地の、
儀式モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した光属性天使族儀式モンスター
 儀式召喚に成功した場合に相手モンスター墓地へ送らせる誘発効果儀式モンスター貫通を付与する永続効果儀式モンスター《機械天使の儀式》サルベージする誘発効果を持つ。

 (1)の効果儀式召喚に成功した場合に相手モンスター墓地へ送らせる効果
 《痛み分け》《アポクリフォート・キラー》と同様に、相手プレイヤーモンスター墓地へ送る事を強要する効果である。
 よって、相手はたとえモンスター効果を受けない耐性を持つモンスターだとしても墓地へ送らなければならない
 しかし墓地へ送るモンスター相手が選ぶため、モンスターが複数並んでいる場合は狙ったモンスター除去できない。
 ある程度の戦闘破壊を行った後にメインフェイズ2で儀式召喚を行うか、《緊急儀式術》相手ターンで(1)の効果を狙うなどの工夫も必要になる。

 (2)の効果儀式モンスター全体に貫通効果を付与する効果
 相手モンスターが1体の場合は(1)の効果除去してしまうのであまり噛み合っていない。
 ただ、複数体の儀式モンスターに付与できるため、相手《スケープ・ゴート》などでを作ってきた場合には使える機会もあるか。

 (3)の効果エンドフェイズごとに儀式モンスター《機械天使の儀式》サルベージする効果
 フィールドに維持することで毎ターンエンドフェイズ毎にアドバンテージを稼げる。
 儀式モンスターなので、維持するには《儀式魔人リリーサー》などの儀式魔人による耐性付与・特殊召喚妨害が扱いやすい。
 《機械天使の儀式》効果も維持に役立つが、除外してしまうとサルベージできない。
 基本的に儀式モンスターサルベージする使い方になる。

  • 荼吉尼(荼吉尼天)とは、仏教の伝承に登場する天の一尊である。
    他のサイバー・エンジェルのモチーフと同様インド仏教神が日本に伝わった仏で、その名前はサンスクリット語の「ダーキニー」に由来する。
    元々インド仏教では血肉を喰らう鬼神だったが、日本では狐に乗るなど稲荷信仰と結びつくようになり、一方インドでは性的な愛欲の神としてイメージが変化していった。
  • コナミのゲーム作品において―

関連カード

―《サイバー・エンジェル−荼吉尼−》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・エンジェル−荼吉尼−》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星8 光属性 天使族 攻2700 守2400 サイバー・エンジェル

広告