《サイバー・エンド・ドラゴン/Cyber End Dragon》

融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻4000/守2800
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した光属性機械族融合モンスター
 《サイバー・ドラゴン》3体を融合素材とし、相手貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 同名カードが3体も必要になるが、《サイバー・ドラゴン・ドライ》などの《サイバー・ドラゴン》として扱うモンスターを活用すれば、融合召喚自体は難しくない。
 融合召喚以外の方法でも特殊召喚でき、《デビル・フランケン》《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》特殊召喚するモンスターの中では一際高い打点が魅力。
 高打点の突破から貫通により一押しまでこなせる事から、この用途であれば他の融合モンスターよりも優先できる。

 ただし耐性などは特になく、正規の融合召喚後に除去されると多大なディスアドバンテージを負いかねず、《パワー・ボンド》を使用すると敗北に繋がりかねないダメージを負う。
 【サイバー・ドラゴン】においても、《キメラテック・ランページ・ドラゴン》《サイバー・ツイン・ドラゴン》の方が手札の消費が少なく、総ダメージ量も上回ることが多い。
 一方で《キメラテック・ランページ・ドラゴン》を匂わせて守りを固めた所をこのカード攻撃できれば、貫通ダメージにより大きな痛手を与える事ができる。
 他、あちらで対処できないステータスモンスターが出た際にはこちらの攻撃力が役立つだろう。

 また、エクストラデッキにあるこのカード《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》特殊召喚に必要なコストとなる。
 【Sin】などでは融合召喚を視野に入れず、純粋なコストとして利用することが基本となる。

  • 攻撃名が長く、効果名なども含め文字数では1番長い。
  • 亮はこのカードを少なくとも2枚所持している様である。
  • マスター鮫島曰く、このカードは代々サイバー流の継承者に受け継がれている重要なカードであり、そのためかサイバー流に関わる他のデュエリストにも使用されている。
  • 「異世界編」の「十代vs万丈目(ゾンビ状態)」戦にて、万丈目が使用した装備魔法《フュージョン・バスター》のイラストに描かれている。
  • 漫画GXでは、翔が見ていたニュースに亮と共に映っている。

関連カード

同名モンスター3体融合《青眼の究極竜》を参照。

―《サイバー・エンド・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:融合召喚以外の方法で、エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。(05/05/26)


Tag: 《サイバー・エンド・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 機械族 攻4000 守2800

広告