《サイバー・ダーク・ホーン/Cyberdark Horn》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した闇属性機械族下級モンスター
 サイバー・ダークの共通効果貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 (1)・(2)・(4)の効果は連動しており、機械族サイバー・ダークの共通効果である。
 (1)の効果墓地ドラゴン族モンスターを装備し、(2)の効果でその攻撃力自己強化される。
 装備先の筆頭候補は同じサイバー・ダークに属する《サイバー・ダーク・カノン》《サイバー・ダーク・クロー》で、攻撃力下級モンスターとしては破格の2400となる。
 これらは装備カードとなった場合に適用できる効果を有するので、単なるアタッカーに留まらない運用が可能となる。
 この効果による最大攻撃力《ハウンド・ドラゴン》または《比翼レンリン》を装備した場合の2500で、特に後者を装備していれば2回攻撃も可能。
 下級モンスターでありながら、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》媒体にもなる。
 魔法&罠ゾーンから特殊召喚できるチューナーである《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》《ドラグニティ−ファランクス》を装備すれば、このカードレベル5・6のシンクロ召喚が可能。
 また、《サイバーダーク・インフェルノ》が存在すれば装備カードがある限り効果破壊対象をとる効果への耐性を得られる。

 なお(4)の効果戦闘破壊耐性があるが、この効果を使うと装備カードを失い攻撃力が800に戻ってしまう。
 (1)の効果以外では装備カードを得られないため、生き残った場合はエクシーズ素材等にして棒立ちは防ぎたい。
 《サイバーダーク・インフェルノ》の(2)の効果を使えば再び召喚し、装備カードを再度装備することが可能。
 なお(4)の効果《サイクロン》等で装備カードを失うと低攻撃力を晒す事になるため、大ダメージを受ける可能性には留意したい。

 (3)の貫通能力は、このカードの固有効果である。
 (2)の自己強化効果攻撃力が高くなっているので、トークン等に攻撃を仕掛ければ大ダメージが狙える。

関連カード

貫通効果を持つモンスター貫通を参照

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ダーク・ホーン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻800 守800 サイバー・ダーク

広告