《サイバー・ダーク・ホーン/Cyberdark Horn》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を対象として発動する。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードが戦闘で破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した闇属性機械族下級モンスター
 サイバー・ダークの共通効果貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 (1)の効果墓地ドラゴン族モンスターを装備でき、(2)の効果自己強化を行える。
 さらにこの状態では(4)の効果による戦闘破壊耐性も備えており、場持ちも良い。

 墓地へ送りやすいリクルーター《仮面竜》装備カードとするだけでも攻撃力2200となる。
 装備するモンスターを工夫する事で、各種ウイルスカード媒体にもなる。
 《ドラグニティ−ファランクス》装備カードにすればあちらの効果特殊召喚でき、このカードレベル6のシンクロ召喚が可能。

 ただし、装備カード破壊する《サイクロン》《魔法効果の矢》や、《月の書》などの表示形式を変更するカードには弱い。
 【次元召喚】【次元帝】等を相手にすると、墓地装備カードとするモンスターを用意しにくい。

 (3)の固有効果貫通能力で、(2)の自己強化効果を活かしやすい。
 単体では《ランサー・ドラゴニュート》に劣るが、墓地ドラゴン族が置かれれば、それ装備することであちらを上回る戦力となる。

 ステータスには恵まれており、《ダーク・バースト》を使えば攻撃力2000以上のモンスター召喚し続けることも可能。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、丸藤亮が使用する「サイバー流裏デッキ」のモンスター
    初登場は「ヘルカイザー亮vsダークネス吹雪」戦。
    攻撃名は「ダーク・スピア」。

関連カード

貫通効果を持つモンスター貫通を参照

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《サイバー・ダーク・ホーン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻800 守800 サイバー・ダーク

広告