《サイバー・ドラゴン・ネクステア》

効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 200/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
(2):手札からこのカード以外のモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(3):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
攻撃力または守備力が2100の、自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。

 Vジャンプ(2018年9月号) 付属カードで登場した光属性機械族下級モンスター
 サイバー・ドラゴン共通のフィールド墓地《サイバー・ドラゴン》として扱うルール効果手札モンスター1枚を捨てて手札から特殊召喚できる起動効果攻撃力守備力が2100の機械族蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)はカード名《サイバー・ドラゴン》として扱う効果
 主な使い方は似たようなステータスを持つ《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》を参照。

 (2)は手札から自身を特殊召喚する効果
 上級モンスターではないので普通に通常召喚できるとはいえ、召喚権を使わずに出せるのは十分有用。
 手札コストがかかってしまうが、サイバー・ドラゴンには墓地で活きるモンスターも多く、(3)の効果による蘇生対象墓地に送り込む事も可能。
 《地獄の暴走召喚》トリガーとなるのも利点で、《サイバー・ドラゴン》3体の展開に繋げられる。

 (3)は特定のステータスを持つ機械族蘇生する効果
 対象が限定的で、機械族以外の特殊召喚を封じる制限も発生するが、蘇生したモンスター自体にはデメリットの無い表示形式も自由な完全蘇生が行える。
 対応範囲の中でも、サイバー・ドラゴンは派生モンスター含めて蘇生可能なモンスターが多い。
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》蘇生して《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》エクシーズ召喚、または《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》自体を蘇生すれば、相手モンスター除去を行いつつあちらのモンスター効果発動するためのエクシーズ素材を確保することも可能。
 蘇生したモンスターとそのままリンク素材にするのはもちろん、リンクモンスター《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》蘇生してリンク先を確保することもできる。
 一応リンク3以上に繋ぐこともできなくはないが、現状縛りの無いリンク機械族リンクモンスター《電影の騎士ガイアセイバー》しか存在しないため、蘇生した《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》は純粋な戦力として扱いたい。

関連カード

(3)の効果で蘇生可能な機械族

攻撃力2100

守備力2100

収録パック等


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ネクステア》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 機械族 攻200 守200 サイバー・ドラゴン

広告