《サイバース・ウィキッド》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:下/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚したこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):このカードのリンク先のサイバース族モンスターは効果では破壊されない。
(3):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地からサイバース族モンスター1体を除外して発動できる。
デッキからサイバース族チューナー1体を手札に加える。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚された自身が破壊されない永続効果リンク先モンスター効果破壊から守る永続効果サイバース族チューナーサーチできる誘発効果を持つ。

 《サイバース・ウィッチ》《クロック・スパルトイ》とはリンク素材の縛りや(3)の効果発動条件が共通している。
 出し方や(3)の効果トリガーについてはそれら2枚も参照するとよい。

 こちらはサイバース族チューナーサーチする。
 シンクロ召喚につなぐ場合、特殊召喚手段も必要となる。
 《バランサーロード》墓地へ置いておき、サーチ時の除外コストに使うと良いか。
 また、《サイバース・シンクロン》レベル1なので、あちらの効果も考慮すればリンク先にはレベル1〜3のモンスターを出して《サイバース・インテグレーター》《サイバース・クアンタム・ドラゴン》につなぐようにしたい。

 《サイバース・ガジェット》であればサイバース族蘇生させることでこのカードリンク召喚でき、さらにリンク先レベル2のガジェット・トークンを出すことで(3)の効果も使える。
 サーチした《サイバース・シンクロン》を出す手段も揃えておけば《サイバース・インテグレーター》シンクロ召喚でき、そこから《サイバース・クアンタム・ドラゴン》につなぐことも狙える。

 とはいえ、チューナーを直接リクルートできる《水晶機巧−ハリファイバー》の方が展開補助としては役立つ。
 チューナーリンク素材としなくても良い点や、耐性がある点ではこちらが勝る。

 (1)、(2)は自身とリンク先サイバース族への耐性付与。
 《サイバース・クアンタム・ドラゴン》を併用すれば効果攻撃で突破されにくくなる。

  • 闇属性・少年のような姿から、英語で「悪い」を意味する「ウィキッド(wicked)」と「子供」を意味する「キッド(kid)」をかけているようだ。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《サイバース・ウィキッド》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻800

広告