《サイレント・ウォビー/Silent Wobby》

効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守2000
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを手札から相手フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローし、
このカードのコントローラーから見て相手プレイヤーは2000ライフポイント回復する。
「サイレント・ウォビー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーの手札制限枚数は3枚になる。

 PREMIUM PACK 16で登場した水属性魚族下級モンスター
 相手フィールド特殊召喚される起動効果、それに付随する誘発効果コントローラー手札制限を減らす永続効果を持つ。

 2000ポイントの回復と引き換えにモンスター1体と1ドロー相手に献上するのは、明らかに割に合っていない。
 手札枚数制限が3枚にする効果も持つものの、次の相手エンドフェイズまでに魔法・罠カードセットする等での対処が容易である。
 また、このカードは各種素材や攻撃等に関する制限が一切ないため、リリースシンクロ素材エクシーズ素材自爆特攻等で簡単に処理されてしまう。

 攻撃の的を自発的に生成するために使用するのが現実的な運用と言える。
 《ダブルフィン・シャーク》を用いた【魚族】において、《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》効果の発動のために送りつけるとよい。
 このカード水属性であるため、《ダブルフィン・シャーク》効果を使ったターン中も特殊召喚は制限されない。
 《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》で2回攻撃すれば、4600の戦闘ダメージを与えられる。
 墓地へ送られた後も《ダブルフィン・シャーク》効果蘇生し、エクシーズ素材として使う事ができる。

 他には、《群雄割拠》《御前試合》を組み合わせて相手の展開を制限し、こちらはを置いて回復効果ライフ差をつけたまま逃げ切るという使い方もある。
 この場合、手札制限を減らす効果リソースの溜め込みを妨害し、除去札を引かれてロックを突破された場合の保険となってくれるだろう。

  • 名前の由来は、「オオセ」の英名である「ウォビゴン(wobbegong)」だろう。
    オオセとは、日本近海から東南アジアにかけて生息するサメの一種である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:カードドローして、ライフポイント回復する効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、誘発効果チェーンブロックが作られます。(13/12/21)

Q:ドローする処理とライフポイントが回復する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(13/12/23)

Q:相手フィールド上でこのカード効果発動し、自分フィールド上に《神殿を守る者》が存在して相手ドローできなかった場合、自分ライフポイント回復する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/12/23)

Q:《洗脳解除》発動されている状態で、このカードが自身の効果によって相手フィールド上に特殊召喚されました。 この場合、ドロー回復はどのプレイヤーが対象となりますか?
A:その場合、このカードコントロール自分に戻り、自分フィールド上でこのカード効果発動します。よって、このカード効果によってドローをするのは自分となり、相手プレイヤーライフポイント回復します。(13/12/21)

Q:相手フィールド上でこのカード効果発動し、それにチェーンをして《エネミーコントローラー》効果効果解決時にこのカードコントロール自分に移った場合、ドロー回復はどのプレイヤーが対象となりますか?
A:その場合でも通常通り、相手ドローを行ない、自分ライフポイントを回復します。(13/12/22)

Q:フィールド上に《無限の手札》が存在する時に、このカード自分フィールド上に表側表示で出した場合や自分フィールド上にこのカードが存在する時に《無限の手札》発動した場合、自分手札枚数の制限はどうなりますか?
A:その場合、このカード効果適用され、手札枚数の制限は3枚になります。(14/01/20)


Tag: 《サイレント・ウォビー》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魚族 攻1000 守2000

広告