《サタンクロース/Santa Claws》

効果モンスター
星6/光属性/悪魔族/攻1200/守2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードがこのカードの(1)の方法で
特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
この効果を発動したプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

 ジャンプフェスタ2014 プロモーションカードで登場した光属性悪魔族上級モンスター
 相手モンスターリリースして相手フィールド特殊召喚する召喚ルール効果、自身の効果特殊召喚したエンドフェイズコントローラードローする誘発効果を持つ。

 「召喚コストリリースする」という確実性の高い方法で相手モンスター1体を除去できるモンスターの1体。
 しかし、このカードエンドフェイズまで生き残っていた場合、相手ドローさせてしまうデメリットが発生する。
 壊獣にはこうしたデメリット効果は(壊獣カウンターを使用するカードを用いない限り)存在しないので、単体性能では壊獣下位互換と言える。
 攻撃力2200の《海亀壊獣ガメシエル》ならばこのカードよりも処理がしやすく、攻撃表示で出すためこのカードよりも戦闘ダメージも与えやすい。

 こちらを優先する場合はドローデメリットを逆に活かしたい。
 コントロール奪取ドロー権ごと奪い取ればアドバンテージを得られる。
 また、光属性壊獣はいずれも攻撃力が高く戦闘で処理し難いため、属性統一を意識するのならば差別化もしやすいと言える。
 逆に壊獣がメジャーであるがゆえに発生する「相手フィールド壊獣が存在し相手フィールドモンスター壊獣リリースできない」といった事態も回避できる。
 《妖精伝姫−カグヤ》と併用する場合も、壊獣よりこのカードのほうがマイナーであるため相手無効化されるリスクが低いと言える。
 また、《クリッター》からサーチできるのは独自の利点であり、サーチした後は即座に特殊召喚できる。

 【十二獣】においてもこちらを壊獣より優先する事もありえる。
 《十二獣ヴァイパー》除外効果を付与したエクシーズモンスター自爆特攻する場合、壊獣では攻撃表示でしか出せないため戦闘破壊されてしまうが、こちらは守備表示で出せるため反射ダメージのみで済む。
 《十二獣サラブレード》貫通効果を付与できるため、場合によっては貫通ダメージを与える事も可能である。

 【聖刻】では、いざという時に《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースしてアドバンス召喚してランク6のエクシーズ召喚へ切り替える事ができる。

  • 英語名の「Claws」とは爪や鉤爪を表す「Claw」の複数形である。
    サンタクロースは「Santa Claus」と表記し、英国英語においては同じ発音である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身を特殊召喚する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/12/21)

Q:ドローする効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、誘発効果チェーンブロックが作られます。(13/12/21)

Q:特殊召喚されたこのカードエンドフェイズ時にフィールド上に存在しない場合、ドロー効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(13/12/23)

Q:自身の効果特殊召喚したターンにこのカード《亜空間物質転送装置》効果除外されエンドフェイズ時にこのカードフィールド上に戻った場合、ドローする効果発動しますか?
A:はい、発動します。(13/12/26)


Tag: 《サタンクロース》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 悪魔族 攻1200 守2500

広告