《サブテラーマリスの妖魔(ようま)/Subterror Behemoth Fiendess》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/幻竜族/攻2000
リバースモンスター2体
【リンクマーカー:左下/右下】
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
「サブテラー」モンスターの元々のレベルの合計×100アップする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を墓地へ送り、
手札からモンスター1体をこのカードのリンク先に裏側守備表示で特殊召喚する。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先のモンスターがリバースした場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からリバースモンスター1体を選んで手札に加える。

 EXTRA PACK 2017で登場した地属性幻竜族リンクモンスター
 リンク素材としたサブテラーレベルに応じて自己強化する永続効果手札からリンク先モンスターセットする起動効果リンク先モンスターリバースした場合にリバースモンスターサーチまたはサルベージする誘発効果を持つ。

 リンク素材の指定がリバースモンスターなのでシャドールクローラーにも組み込め、特に後者は属性も一致する。
 《レスキューキャット》《大皇帝ペンギン》等はリバースモンスターを2体同時にリクルートできるため、すぐにリンク召喚へ繋ぐことができる。

 基本攻撃力は控えめだが、(1)の効果により自己強化が可能。
 リンク素材にできるサブテラーリバースモンスターは全てレベル4以上であり、サブテラー2体をリンク素材にした場合は最低でも2800、場合によってはそれ以上の高打点を得られる。

 (2)はリバースモンスター限定の墓地肥やし手札からセットを行う効果
 サブテラーだけでなく、墓地へ送られた場合に効果発動できるシャドールモンスターや、墓地利用手段が豊富だが能動的な展開力に欠けるクローラーワームなどとも相性が良い。
 裏側守備表示での特殊召喚なので、リバースした場合の効果発動できるのはメリットとなるが、すぐに攻撃や連続リンク召喚に繋ぐことはできない。
 なお、墓地へ送るモンスターリバースモンスターに限定されているが、手札からの特殊召喚には制限はかかっていない。

 (3)の効果は、リンク先モンスターリバースすることをトリガーとする、リバースモンスターサーチもしくはサルベージ
 毎ターン発動できればアドバンテージを稼ぎやすい効果だが、トリガーリバースした場合なので、他のカードのサポートがなければ発動までに少し時間が生じる。
 相手攻撃トリガーにするのは無理があり、リンク先モンスターリバースさせる前にこのカード除去される可能性が高い。
 基本的にリバースさせるサポートが必須と言える。

 なお、トリガーとなるのはリンク先モンスターリバースする事だけであり、リバースモンスターでなくても構わない。
 単純に、適当なモンスター反転召喚させるだけでもよいし、ゴーストリックなどのサイクル・リバースモンスター効果を繰り返し利用する事もできる。

 リンク素材にでき、またサイクル・リバースでもある他のサブテラーマリスとはシナジーが強い。
 しかしその一方で、リンクモンスターの性質として裏側守備表示にできないため、サブテラーマリスの持つ自己特殊召喚効果発動条件を阻害してしまう側面もある。
 また、サブテラーリバースモンスター《サブテラーの導師》以外全て上級以上のサブテラーマリスなので、リンク召喚が少し重く、合計攻撃力も下がってしまう場合が多い。
 結果的にこのカードが存在することでサブテラーの展開力を落としてしまう事にもなりがちで、状況や戦術に応じてこのカードリンク召喚するか、せずに戦うかを見極めて運用するべきだろう。
 別途サブテラーの展開手段さえ用意できるならば、このカードを維持する価値は十分にある。
 ある程度このカードアドバンテージを稼いだ後は、サブテラーマリスアドバンス召喚のためにリリースしてしまうのもよい。

関連カード

―《サブテラーマリスの妖魔》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《サブテラーマリスの妖魔》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 幻竜族 攻2000 サブテラー サブテラーマリス

広告