《サボウ・クローザー/Cactus Bouncer》

効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻1800/守 300
このカードは特殊召喚できない。
このカード以外の植物族モンスターがフィールド上に表側表示で存在する限り、 
お互いにモンスターを特殊召喚する事はできない。

 EXTRA PACK Volume 3で登場した地属性植物族下級モンスター
 条件付きでお互い特殊召喚を封じる効果を持つ。

 展開力に優れる【植物族】なら効果を使うこと自体は割と容易である。
 単体では効果を使えないが、このカード通常召喚してから別の植物族モンスター特殊召喚することで効果適用させることもできる。
 だがこのカード自体は特殊召喚できないため、《増草剤》を使って植物族を展開する場合はどうしてもこのカード召喚がワンテンポ遅れてしまう。
 このカードを積極的に使いたい場合は他の展開手段に頼るか、《にん人》等の特殊召喚効果を持つ植物族と組み合わせたい所。
 また、《ローンファイア・ブロッサム》からのリクルートもできないので、《ボタニティ・ガール》等のサーチ効果を持つモンスターとの併用が望ましい。
 なお、蘇生できない関係上、このカード墓地に行った場合は再利用しづらいので、その場合は気兼ねなく墓地コストとして利用してしまいたい。

 基本的に特殊召喚を多用する【植物族】のコンセプトとはアンチシナジーであり、自分の展開を封じてしまいかねない。
 自分モンスターを展開した後に召喚し、特殊召喚を封じて制圧する方が良いか。

 通常の【植物族】1枚挿す程度なら大して問題ではないのだが、このカードを中心に活用したいなら多少なり専用の構築が必要だろう。
 植物族自分フィールドに存在する必要はないので、《DNA改造手術》を利用する戦術では間接的にシンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚を封じることができる。
 《DNA改造手術》自体が《フレグランス・ストーム》《世界樹》《ローズ・テンタクルス》コンボできるため扱いやすい。
 また《ブラック・ガーデン》があれば、ローズ・トークンでの適用が狙いやすい。
 先にこのカードを展開できれば、弱体化により戦闘破壊もされにくくなる。
 ただ、これらの戦術においては《群雄割拠》と役割が重複しやすい。
 併用も充分考えられるが、前述のとおり単体での安定性の低さは留意したい。

  • 英語名の「Cactus」の意味は《サボウ・ファイター》を参照。
    日本名の「サボウ」もあちらに合わせたものと思われ、イラストも似通っている。
    「bouncer」は「bounceする人」という意味で、歌舞伎者や空気の詰まったシートを指す単語だが、俗語として「酒場やクラブの用心棒」という意味がある。
    バウンス効果こそないが、特殊召喚を封じる(入店できる者を制限する)その効果は用心棒にふさわしいといえる。
    一方、日本名の「クローザー」は「閉ざす者」を意味する「Closer」からと思われる。
    フィールドを閉ざし、通常召喚でしか進入できないようにするイメージだろうか。
    なお、このカード名変更によるものか、後に登場したバウンサー英語名が変更されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード以外の植物族モンスターフィールドにいる時、このカードを素材として融合召喚シンクロ召喚をできますか?
A:いいえ、できません。(類例→《大天使クリスティア》)(10/09/19)


Tag: 《サボウ・クローザー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻1800 守300 特殊召喚不可

広告