《サモン・ソーサレス》

リンクモンスター
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 Vジャンプ(2018年1月号) 付属カードで登場する闇属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にリンク先相手フィールド手札からモンスター特殊召喚できる効果リンク先モンスター1体と同じ種族モンスターリンク先リクルートする効果を持つ。

 同種族モンスターを一定以上採用していればリンク素材縛りをクリアする事は容易い。
 トークンが使えない点もリンクモンスターなどに変換すれば解決する。
 例えば《スケープ・ゴート》の場合は《リンクリボー》《セキュリティ・ドラゴン》を経由する事でリンク召喚可能。
 なお、モンスター効果リンクマーカーの性質上、エクストラモンスターゾーンに出す事が必然となる。

 (1)は相手フィールド手札モンスター特殊召喚できる効果
 (2)との連動は元より、デメリットのあるモンスター相手送りつける手段としても機能する。
 これについては《ギブ&テイク》コントロール転移も参照の事。
 ただし守備表示に限定されているため、弱小モンスターを出してサンドバッグにする事は難しく自爆特攻も狙いにくい。
 《黒蠍盗掘団》《大盤振舞侍》ならば、戦闘ダメージさえ受ければ良いので送りつけには有用である。
 また、《所有者の刻印》《洗脳解除》モンスターを取り戻すこともできるので、ある程度種族を固めた構成なら【ゴーレム】でも有力なカードになる。
 しかし、こちらのコンボを崩されると、相手アドバンテージを与えることになってしまう。

 (2)の効果のサポートのみを狙うなら無理にこの効果を使う必要はない。
 リンク先となる相手フィールドに狙いの種族モンスターが存在する場合で出したり、壊獣をその場所に出す、自分フィールドリンク先となる場所に狙いの種族モンスターを出すといった手段でも(2)のサポートは可能である。

 (2)はリンク先モンスターと同じ種族モンスターリンク先特殊召喚する効果
 相手フィールドにも出せるが、守備表示限定なので貫通効果持ちなどを利用しないとダメージは通らない。
 また、効果無効化されるため、デメリットの押しつけも難しい。
 送りつけは(1)の効果に任せ、自分フィールドモンスターを出して展開する事になるだろう。
 リンク素材の都合上このカードを出せるデッキは同じ種族積みやすいため展開先は用立てしやすい。
 守備表示且つ効果無しでリクルートするため、戦闘要員よりはリリースコスト、各種素材に使う事が多い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サモン・ソーサレス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 魔法使い族 攻2400

広告