《サモン・ソーサレス/Summon Sorceress》

リンクモンスター(禁止カード)
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 Vジャンプ(2018年1月号) 付属カードで登場した闇属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にリンク先相手フィールド手札からモンスター特殊召喚できる誘発効果リンク先モンスター1体と同じ種族モンスターリンク先リクルートする起動効果を持つ。

 同種族モンスターを一定以上採用していればリンク素材縛りをクリアする事は容易い。
 「戦士族2体で《聖騎士の追想 イゾルデ》リンク召喚し、その効果戦士族リクルートする」「《水晶機巧−ハリファイバー》効果機械族チューナー特殊召喚する」など、一部のリンク2のリンクモンスターを活用すれば更に素材を揃えやすくなる。
 トークンは使えないものの、リンクモンスターに変換すれば解決できる。

 (1)は、手札モンスター相手フィールド特殊召喚する効果
 (2)の効果の対象を用意できるが、相手ボード・アドバンテージを与えてしまう。
 (2)の効果を目当てにする場合は他の手段を用いる様にしたい。

 モンスター相手送りつける手段として使う手もある。
 他の送りつけ手段と比較するとサーチが不要であり、使い勝手は良い。
 相手モンスター送りつける事でメリットを得るコンボの例は、《ギブ&テイク》コントロール転移も参照の事。
 ただし守備表示に限定されているため、弱小モンスターを出してサンドバッグにする事は難しく自爆特攻も狙いにくい。
 《黒蠍盗掘団》《大盤振舞侍》ならば、戦闘ダメージさえ受ければ良いので送りつけには有用である。
 《所有者の刻印》《洗脳解除》モンスターを取り戻すこともできるので、ある程度種族を固めた構成なら【ゴーレム】でも有力なカードになる。
 しかし、送りつけコンボの常としてギミックを崩されると相手アドバンテージを与えることになってしまう点には注意が必要となる。
 そのほか、《精気を吸う骨の塔》などの相手に影響を及ぼすカードを送りつけることで、「相手に○○された場合」の効果発動させることも可能である。

 (2)は、自身のリンク先モンスターと同じ種族モンスターリクルートする効果
 リンク先モンスター1体を用意する必要はあるが、レベルステータス等の制限は一切ないため、柔軟な運用が可能。
 守備表示且つ効果無効にしてリクルートするため、基本的にはリリースコスト、各種素材に使う事になる。
 あるいは特定のカード名を参照するカードの条件を整えたり、墓地へ送られた時や各種素材となった際などに発動する効果を目的としても良いだろう。

 この効果を使うには、自身のリンク先リクルートしたいモンスターと同じ種族モンスターを置く必要がある。
 基本的には、自分フィールドリンク先となる場所に目当ての種族モンスターを出したい。
 そのための展開力が不足している場合は、(1)の効果壊獣送りつけギミックで相手フィールドリンク先モンスターを配置してもよい。
 リンク先となる相手フィールド相手が狙いの種族モンスターを出している場合もないではないが、あまり期待はしないほうが良いだろう。

 素材指定も効果も、種族統一系デッキの心強い味方となるリンクモンスターと言える。
 一部の送りつけを軸とするコンボデッキでもキーとなるカードであり、その活躍の幅はとても広い。

  • 上記のように非常に汎用性が高く、様々なデッキで活躍したカードであった。
    しかし、あまりにも採用率が高すぎてデッキの多様性を損なうと判断されたのか、18/10/01で一発で禁止カードに指定されてしまった。
    元々1枚しか採用されない場合が多かったため、制限カードではもはや意味がないと判断されたのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《サモン・ソーサレス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 魔法使い族 攻2400

広告