《サンダー・シーホース/Thunder Sea Horse》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1600/守1200
自分のメインフェイズ時に、このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから雷族・光属性・レベル4・攻撃力1600以下の
同名モンスター2体を手札に加える。
「サンダー・シーホース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン自分はモンスターを特殊召喚できない。

 Vジャンプ(2012年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した光属性雷族下級モンスター
 攻撃力1600以下のレベル4・光属性雷族同名モンスター2枚をサーチする起動効果を持つ。

 光属性雷族モンスターサーチする点で《サンダー・ドラゴン》と似た効果を持つ。
 あちらと比較すると、同名カードはもちろん他のモンスターサーチできる点で大きく秀でている。
 《エレキングコブラ》で更に手札を増強したり、《電池メン−単四型》エクシーズ召喚を狙う事ができる。
 共に《E・HERO The シャイニング》融合素材となれる《E・HERO ボルテック》サーチできる点も評価できる。
 既に《OToサンダー》《OKaサンダー》手札にある場合、手札にない方をサーチし、次のターンにそれぞれのモンスター効果召喚すれば、《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》などのエクシーズ召喚にも繋げられる。

 ただし《サンダー・ドラゴン》と異なり、必ず2枚の同名カードサーチする必要があり、対象のモンスター手札でだぶるとモンスター効果を活かせない。
 特殊召喚を封じられるデメリットも大きく、上項用途の融合召喚エクシーズ召喚なども、基本的に次の自分ターンを待たなければならない。
 手札コストへの流用、サーチ対象を増やす、《貪欲な壺》等でサーチ対象を再利用するなど、事故の回避手段や時間稼ぎの方策も考えておきたい。

 幸い、種族面では同属性同名モンスター2枚をサーチする効果シナジーするカードが比較的多い。
 デメリットの重複する《強欲で謙虚な壺》《カードカー・D》を併用して軽減するのも有効だろう。
 相手ターン特殊召喚でき、増えた手札を活かせる《トラゴエディア》も相性が良い。
 《エレキングコブラ》が返しに戦闘破壊されるだけでも特殊召喚でき、ランク4のエクシーズ召喚も容易に狙える。

  • 効果が発表されたVジャンプ紙面上では、上記で紹介した用途を「強力コンボ」と評して紹介していた。
  • 使用するならば3枚セットで使いたいカードであるにも関わらず、定期購読特典という希少性から価格が高騰している。

関連カード

―シーホース/タツノオトシゴ関連

対応するモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告