《ザ・キックマン/The Kick Man》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1300/守 300
このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の装備魔法カード1枚をこのカードに装備する事ができる。

 天空の聖域で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 自身が特殊召喚に成功した時、墓地装備魔法を自身に装備する誘発効果を持つ。

 誘発効果発動条件は「自身の特殊召喚」だが、低ステータス闇属性アンデット族であり、自身を特殊召喚する手段は豊富に存在する。
 《リビングデッドの呼び声》等の扱いやすい特殊召喚カードに加え、アンデット族特殊召喚を得意とする種族であり、自身を特殊召喚する機会自体は多い。

 ただし、自身を特殊召喚する手段と墓地装備魔法を落としておく必要があり、単体では機能しない。
 また、戦況に合った装備魔法を装備しないと役に立てない。

 採用する装備魔法について、扱いやすいカードは以下の通り。

 サルベージする装備魔法が、《団結の力》《デーモンの斧》ならば攻撃力2100を超え、アタッカーとして機能する。
 相手モンスター効果無効化する《破邪の大剣−バオウ》ならば、《D.D.アサイラント》も一方的に破壊する。
 ただし、《破邪の大剣−バオウ》コストの関係で、単体では使いにくい。
 《凶悪犯−チョップマン》セットも兼ねて《マジカルシルクハット》等を用いて墓地においてもいいだろう。

 【アンデット族】では装備魔法を多用するメリットが少なく、このカードの採用は難しい。
 《デーモンの斧》を装備しても《龍骨鬼》以上の攻撃力が得られない。
 同じ闇属性《不意打ち又佐》《重装武者−ベン・ケイ》などとともに、装備カードを主体としたデッキでは採用の余地がある。
 不確定要素こそ絡むものの、装備魔法墓地へ送りつつ、自身の特殊召喚を狙うギミックを併せ持つ【推理ゲート】で採用するのも手。
 もちろん、戦力をこのカードだけに頼るのは不安が残るため、他のモンスターも併せて採用するのが望ましい。

  • 額のところに「I LOVE KICK」と書いてある。

関連カード

―《ザ・キックマン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時にこのカード効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/01/15)


Tag: 《ザ・キックマン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1300 守300

広告