《シールドクラッシュ/Shield Crush》

通常魔法
(1):フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
その守備表示モンスターを破壊する。 

 PREMIUM PACK 6で登場した通常魔法
 守備表示モンスター破壊する効果を持つ。
 フィールド上の守備表示モンスター1体を対象にとって発動する。

 表側守備表示モンスター裏側守備表示モンスター破壊できる単体除去魔法カードは珍しい。
 リバースモンスターリバースさせずに破壊できる。

 しかし、遊戯王OCG全体の風潮が、このカードにとってことごとく逆風となっている。
 まず、除去効果を持つモンスターの増加などにより、通常魔法によるモンスター除去の評価が低下。
 耐性カウンター効果も増加し、このカードのような対象を取る破壊は効きにくくなってしまった。
 更にモンスター効果が重視されるようになった事でモンスター守備表示セットされる機会が減少。
 かつての有力メタ対象であった《マシュマロン》リバースモンスターの採用率は下がる一方で、効果破壊に対応したリクルーター等は続々と登場している。
 挙げ句、表裏問わず守備表示がルール上存在しないリンクモンスターまで登場してしまった。
 明確な上位互換が存在するわけではないものの、敢えて通常魔法守備表示モンスター対策を取る明確な理由もなく、今日ではほとんど採用されていないのが現状である。

 なお、守備表示であれば自分モンスター破壊できる。
 《ネフティスの鳳凰神》《炎王神獣 ガルドニクス》を任意に破壊したり、《ユベル》《蛇神降臨》機皇帝等の特殊召喚条件を満たすために使える。
 ただし自分モンスター破壊についても《炎王の孤島》《天空の虹彩》などの優れた後続は多数登場しており、肩身は狭い。

  • アニメにおいてはこの様な比較的汎用性の高い除去は噛ませ扱いにされたり敬遠される傾向があるのだが、このカードに関しては主人公の友人である翔が普通に使用し勝利に貢献もしている。
  • 漫画ZEXALでは完全下位互換である《人形の呪い》が登場している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果処理時対象に選択したモンスター攻撃表示になった場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(10/11/13)


Tag: 《シールドクラッシュ》 魔法 通常魔法

広告