《シャドウ・ヴァンパイア/Shadow Vampire》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻2000/守   0
このカードをX召喚の素材とする場合、闇属性モンスターのX召喚にしか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「シャドウ・ヴァンパイア」以外の闇属性の「ヴァンパイア」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功したターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 エクシーズ召喚先を制限する効果外テキスト召喚に成功した時に手札デッキからヴァンパイア1体を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 召喚時にヴァンパイア1体を特殊召喚できる効果により、アドバンス召喚ディスアドバンテージを即座に取り戻せる。
 寧ろ、特殊召喚に成功した場合の効果を持つ《ヴァンパイアの使い魔》などをリクルートすればアドバンテージも稼げる。
 そのまま《ヴァンパイア・サッカー》などのリンク召喚に繋げられる他、レベルヴァンパイアリクルートすれば《紅貴士−ヴァンパイア・ブラム》エクシーズ召喚も可能。
 【ヴァンパイア】では《ヴァンパイア・ソーサラー》《ヴァンパイアの領域》などの召喚サポートは豊富なので、召喚に成功したという条件もクリアさせやすい。
 不安なようならば《終焉の焔》《死皇帝の陵墓》といった汎用召喚サポートも保険として採用しておくことも検討できる。
 《スター・ブラスト》レベル4にして召喚し、ランク4のエクシーズ召喚を狙ってもいい。

 ただし、効果発動すると特殊召喚したモンスター以外は攻撃できなくなってしまうのがネック。
 攻撃に関する能力を持つ《No.5 亡朧竜 デス・キマイラ・ドラゴン》《シャーク・フォートレス》等とは相性が悪い。
 ライフが多くある状態ならば《ヴァンパイア・フロイライン》を呼び出すことで最大攻撃力3600で攻撃はできる。
 《ヴァンパイア・レッドバロン》を出してこのカード相手モンスターコントロール交換し、その後《ヴァンパイア・レッドバロン》でこのカード戦闘破壊すればアドバンテージとなる。
 《ヴァンパイア・ロード》特殊召喚して《ヴァンパイア帝国》適用下で攻撃し、メインフェイズ2でエクシーズ召喚に繋げる選択肢もある。
 元々攻撃が行えない先攻ターン目やメインフェイズ2に発動するか、あるいは発動ターンは布陣固めと割り切ってしまうのも良い。
 この場合は《ヴァンパイアの眷属》リクルートし、サーチした《ヴァンパイアの支配》セットするのが最も安定した布陣であろう。

 エクシーズ召喚する場合、闇属性エクシーズモンスターでなければならないという制限が存在する。
 とはいえ、ランク5には《紅貴士−ヴァンパイア・ブラム》《終焉の守護者アドレウス》等がいるので、エクシーズ召喚先に困る事は少ない。
 聖刻モンスターリリースしてアドバンス召喚すればレベルモンスター3体を並べることもできるため、《No.53 偽骸神 Heart−eartH》等もエクシーズ召喚できる。
 上記《スター・ブラスト》ランクエクシーズ召喚をする場合も、選択肢は豊富に存在する。

関連カード

このカードエクシーズ素材に利用できるエクシーズモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:ヴァンパイア特殊召喚し、特殊召喚したモンスター以外の攻撃を封じる効果誘発効果です。
  エクシーズ召喚先を制限する効果モンスター効果として扱いません(→効果外テキスト)。(13/07/31)

Q:このカード効果特殊召喚に成功した後にフィールドに出したモンスター攻撃できませんか?
A:はい、攻撃できません。(13/08/01)


Tag: 《シャドウ・ヴァンパイア》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻2000 守0 ヴァンパイア

広告