《シューティング・ソニック》

速攻魔法
(1):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のSモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップ開始時にその相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEで登場した速攻魔法
 スターダストシンクロモンスター戦闘を行う時に相手モンスターバウンスする効果スターダストシンクロモンスターリリースの代わりに自身を墓地から除外する効果を持つ。

 (1)の効果スターダストシンクロモンスター戦闘するモンスターデッキバウンス
 ダメージ計算前に行うため戦闘ダメージを受けることがなく、対象を取らないデッキバウンスなので耐性を持つモンスターも少ない。
 特に、攻撃力が低い代わりに特殊召喚されたモンスター全体攻撃可能な《スターダスト・チャージ・ウォリアー》との相性が抜群である。
 速攻魔法であるため相手ターン発動すれば戦闘におけるにもなってくれる。

 しかしスターダストシンクロモンスターが必要なのでやや腐りやすく、戦闘を行う関係上相手の妨害は受けやすい。
 単純に使っただけでは発動条件が限られる1:1交換でしかない上、大抵は他のシンクロモンスターを出して除去すれば十分である。
 このカードを使いたいのならば、やはり《スターダスト・チャージ・ウォリアー》らとのコンボを踏まえて採用したい。

 (2)の効果の恩恵を受けられるスターダストシンクロモンスターは、現状《スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・ウォリアー》しかいない。
 フィールド離れないため攻撃役や役を果たすことができる他、同一ターンでの2度目の発動を狙うこともできる。
 しかし、フィールドに留まった故に除去を受けやすくなるとも言えるので、こちらの効果を用いるかは状況をよく見極めたい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:先攻ターン目に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(17/02/11)

(2)の効果について

Q:フィールド《生贄封じの仮面》が存在し、スターダストシンクロモンスターが自身をリリースして効果自体を発動できない状況でも、(2)の効果適用させてスターダストシンクロモンスター効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(17/02/11)


Tag: 《シューティング・ソニック》 魔法 速攻魔法

広告