《ショートヴァレル・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻 800
【リンクマーカー:左/右】
「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「ヴァレル」リンクモンスターが存在する場合、
自分フィールドのリンク3以下のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
リリースしたモンスターとリンクマーカーの数が同じモンスターのリンク素材にできない。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 リンク3以下のリンクモンスターリリースして自己再生する起動効果を持つ。

 リンク素材ヴァレット2体を必要とする。
 基本的な出し方は《リローダー・ドラゴン》なども参照。

 自己再生の条件としてヴァレルが必要となる。
 このカードを経由してリンク4の《ヴァレルロード・ドラゴン》などを出し、その後にリンクモンスターを出して自己再生するのが狙いとなる。
 ただ、自己再生する意義はリンク先の確保またはリンク素材としての使用となる。

 リンク1をリリースすればリンク数が増えるため、それを狙いたい。
 《リンク・デス・ターレット》などでヴァレットを展開した後、レベル1のヴァレットからリンク1を経由して自己再生すれば次のリンクモンスターにつなぎやすい。

 閃刀姫とは相性がよく、リンク召喚ヴァレルリンクモンスター1体にした後で《閃刀機−ホーネットビット》発動
 閃刀姫トークンを経由して《閃刀姫−カガリ》リンク召喚し、《閃刀機−ホーネットビット》サルベージ
 《閃刀姫−カガリ》リリースして自己再生効果発動してそれにチェーンして《閃刀機−ホーネットビット》でまた閃刀姫トークンを出せばリンク3につながる。
 《リンクリボー》リリースして自己再生できるため、そちらを経由すればレベル1からこのカード自己再生できる。
 さらにここに《闇黒の魔王ディアボロス》のギミックを組み込むことも可能。

 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》相手リンクモンスターリリースしたり、《ヴァレルロード・ドラゴン》コントロール奪取したリンクモンスターメインフェイズ2で処理する手もある。
 このカードと追加のドラゴン族《天球の聖刻印》リンク召喚し、即リリースドラゴン族リクルートするコンボも可能。

  • 首のあるべきところに銃弾、左腕が回転式拳銃の銃身、右手が竜の首という歪なデザインをしている。
    名前の由来は、銃の銃身を切り詰め短くしたもの「ショートバレル」だろう。
    例えば、ショットガンをそのように細工した物をアメリカでは主に「ショートバレル・ショットガン」という。
    (他の英語圏の国では「ソードオフ・ショットガン」と呼ぶことが多い)

関連カード

収録パック等


Tag: 《ショートヴァレル・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻800 ヴァレル

広告