《ジェムナイト・アンバー/Gem-Knight Amber》

デュアルモンスター
星4/地属性/雷族/攻1600/守1400
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●1ターンに1度、手札から「ジェムナイト」と名のついたカード1枚を墓地へ送って発動できる。
ゲームから除外されている自分のモンスター1体を選択して手札に戻す。

 DUEL TERMINAL −エクシーズ始動!!−で登場した地属性雷族下級デュアルモンスター
 デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で除外されているジェムナイト手札戻す起動効果を得る。

 雷族のため、《ジェムナイト・プリズムオーラ》融合素材になる。
 【ジェムナイト】では通常モンスターがメインとなるため、デュアルモンスターであるこのカードもそれらのサポートを共有しやすい。
 しかし、デッキ再度召喚後は効果モンスター扱いのため、《ジェムナイト・アレキサンド》など一部は対応しない。
 効率よく活かしていくには、デュアルサポートカードなども含めた運用を考える必要がある。

 効果手札ジェムナイト墓地に置き、除外されたモンスターを戻す効果
 《ジェムナイト・フュージョン》の自己サルベージ効果除外したジェムナイトモンスターを回収しつつ、墓地コストの確保が可能。
 このカードコストジェムナイトであればモンスター以外でも良いので、回収した《ジェムナイト・フュージョン》コストにし、実質的なサルベージにすることもできる。

 基本的にはジェムナイトにおける融合素材の調整や、コンボのパーツ回収に使うことになる。
 しかし、特定のカードではなく種族を指定した融合素材を軸とする場合、調整の手間は薄くなる。
 このカードのために《ジェムナイト・ルマリン》を抜くなどすると、融合できる種類が減少してしまう。
 《ジェムナイト・アレキサンド》を回収して効果を再利用する手もあるが、このカードとの相性は悪い。
 ジェムナイトを直に蘇生帰還する手段も多く、それら以上にこのカードを活かすには工夫が必要となる。
 もっとも、ピン挿しでも機能するためそこまで焦る必要もない。

 《デュアルスパーク》《スーペルヴィス》などのデュアルサポートを使うことも考えられる。
 ただし、このカード自身の攻撃力はあまり高くなく、《E・HERO アナザー・ネオス》などに比べ制圧力は低い。
 現状ジェムナイトデュアルモンスターは3種類であり、他に【ジェムナイト】と相性の良いデュアルモンスターは少ないため、デュアルモンスターと補助の枚数は腐らないよう管理したい。
 《超合魔獣ラプテノス》は一見相性がいいが、ジェムナイト専用のカードでは融合召喚できない。
 効果やサポートを活かした時の見返りは大きいが、そのためには従来の【ジェムナイト】とは違う構築が求められる。

 《ジェムナイト・オブシディア》との相性は抜群。
 《ジェムナイト・オブシディア》融合素材に使い、そのモンスター効果でこのカード蘇生させ、再度召喚する。
 その後、《ジェムナイト・オブシディア》除外してサルベージした《ジェムナイト・フュージョン》コストにこのカードモンスター効果を使えば、《ジェムナイト・オブシディア》を回収できる。
 結果として、召喚権《ジェムナイト・フュージョン》を再度サルベージする墓地アドバンテージのみで、このカード融合モンスターを展開できる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでの攻撃モーションは、イラストの雷の刃を作りだした後5つに分身させて跳躍し投擲するというものとなっている。

関連カード

除外されているカード手札戻すカード帰還を参照

収録パック等


Tag: 《ジェムナイト・アンバー》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星4 地属性 雷族 攻1600 守1400 ジェム ジェムナイト

広告