《ジャンク・アーチャー/Junk Archer》

シンクロ・効果モンスター
星7/地属性/戦士族/攻2300/守2000
「ジャンク・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、相手フィールド上に存在する
モンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターをゲームから除外する。
この効果で除外したモンスターは、
このターンのエンドフェイズ時に同じ表示形式で相手フィールド上に戻る。

 デュエリストパック−遊星編2−で登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 相手モンスターを一時的に除外できる起動効果を持つ。

 《クイック・シンクロン》ならば、レベル5+レベル2となり、容易にシンクロ召喚が可能。
 レベル3の《ジャンク・シンクロン》+2+2、もしくは《ジャンク・サーバント》シンクロ召喚できるため、既存の【ジャンク・ウォリアー】での使用も可能。
 《ボルト・ヘッジホッグ》と併用することで《ジャンク・シンクロン》1枚からシンクロ召喚できる。

 この手の効果によく付随する攻撃抑制デメリットがないので直接攻撃をしやすくなる。
 何かしらのモンスター効果によって制圧されている場合、それを一時的に取り除いて行動できるのは強力。
 また、リバース効果モンスターセットされている場合にも気にせず直接攻撃を狙える。

 しかしエンドフェイズには戻るため、それまでの一時的なアドバンテージに過ぎず、速攻で勝負を決めない限りアドバンテージを計算できるモンスターとは言いがたい。
 レベル7としてはステータスが低く、エクシーズモンスター戦闘破壊されてしまう攻撃力でもある。
 同レベルシンクロモンスターには《ブラック・ローズ・ドラゴン》など、更に汎用性の高いシンクロモンスターも多数いる。
 《クイック・シンクロン》で出す選択肢にする場合も、同レベル帯には攻撃力のより高い《ジャンク・バーサーカー》《ニトロ・ウォリアー》が存在する。
 これらはステータスに加え戦闘面で有利な効果を持ち、このカード戦闘回避能力と重複する部分もあるため、あちらが優先されることも多い。
 あえてこのカード使用する場合、フィニッシャーとして使うなど何らかの役割がなければ活かすことは難しい。
 《ボルト・ヘッジホッグ》と相性の良い《異次元からの埋葬》を併用してモンスター除去に変換する、などの工夫が必要となるだろう。

 モンスタートークン除外した場合消滅するので、完全に除去することが出来る。
 またエクシーズモンスター除外すれば、エクシーズ素材を取り除く事が出来る。
 取り除く事で脆くなる《No.39 希望皇ホープ》《ガチガチガンテツ》、このカードよりも攻撃力の低いエクシーズモンスターなどに対してはなかなか有効な戦術であり、これにより利用価値も上がった。

  • 目が一つしかない様に見えるが、アニメのOPをよく見るとちゃんと二つあることが確認できる。
    普段は両目だが、人間が狙いを定める時に片目をつぶる様に、このモンスターも矢を射る時にはイラストの通り片目をつぶるようである。
  • イラストの背景は弓矢の羽根を象っている。
  • シンクロ召喚の際の台詞は「集いし叫びが木霊の矢となり空を裂く!光さす道となれ!シンクロ召喚!いでよ、《ジャンク・アーチャー》!」

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(09/10/17)

Q:裏側表示相手モンスター除外できますか?
A:はい、できます。
  その場合は、裏側表示のまま除外します。(09/10/17)

Q:戻す処理はチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作られません。(09/10/17)

Q:エンドフェイズ時に効果発動したこのカードフィールド上に表側表示で存在しない場合でも、除外されたモンスター戻りますか?
A:はい、その場合でも戻ります。(09/11/12)

広告