《ジュラック・ギガノト/Jurrac Giganoto》

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/恐竜族/攻2100/守1800
チューナー+チューナー以外の恐竜族モンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「ジュラック」と名のついたモンスターの攻撃力は、
自分の墓地の「ジュラック」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した炎属性恐竜族シンクロモンスター
 自分墓地に存在するジュラックの数に比例して、自分フィールド上のジュラック攻撃力全体強化する永続効果を持つ。

 《ジュラック・グアイバ》と、その効果リクルートできる3種のレベルジュラックチューナーで簡単にシンクロ召喚できる。
 《化石調査》《ジュラック・ヴェロー》といったカードがあるため、墓地に大量のジュラック肥やすのも比較的容易。
 また、自身もこの効果によって強化されるので、中盤以降に他のジュラックと並べることで総攻撃力を大きく上げることができる。
 自身の元々の攻撃力は低いものの、シンクロ素材がどちらもジュラックならば最低でも攻撃力は2500からとなる。
 しかし、シンクロ素材縛りのない《月華竜 ブラック・ローズ》《スクラップ・デスデーモン》等の存在もある。

 以上のことから、自身の永続効果活かせるのは【ジュラック】、もしくはジュラックを採用した【恐竜族】となる。
 通常の【恐竜族】でも《一族の結束》を使うならば、数少ない恐竜族シンクロモンスターであるこのカードの存在意義はかなり大きい。
 《一族の結束》とこのカードの効果を合わせれば最低でも1200の全体強化となる。
 2体目をシンクロ召喚すれば強化数値は倍になり、ジュラックシンクロ素材として墓地へ送ることでさらに強化される。

  • 《ジュラック・モノロフ》が成長したかのような姿をしている。
    配色も酷似しており、頭部に角のようなコブがあり、頭部と尻尾が燃えているなど類似点も多い。
  • カード名の由来は、白亜紀の中期にアルゼンチンに生息した獣脚類の一種である「ギガノトサウルス」だろう。
    大型肉食恐竜として有名なティラノサウルスなどに並ぶ、世界最大級の獣脚類の仲間の1つである。
    彼らの脳はバナナ程度のサイズであったと推測されるがよく発達した嗅覚野の存在から、良い嗅覚を持っていた可能性が示されており、巨大な体型ながら走る速度は最高で24km/hに達する。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでのアクションデュエルのコンボ「ジュラック紀到来」において、このカードイラストが少しの間表示される。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ジュラック・ギガノト》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 炎属性 恐竜族 攻2100 守1800 ジュラック

広告