《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。
除外されているこのカードを特殊召喚する。

 LEGENDARY GOLD BOXで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる召喚制限墓地チューナーの数に比例して自己強化する永続効果相手効果では破壊されない永続効果相手モンスター効果発動時または攻撃宣言時に自身と相手フィールドのカード全てを除外できる誘発即時効果、次の自分エンドフェイズ帰還する誘発効果を持つ。

 レベルの合計が12になるようにチューナー3体とシンクロモンスターフィールドに揃える必要があり非常に重いモンスターである。
 《ジャンク・スピーダー》ならば、自身の効果レベル1・2・4シンクロンリクルートすることで、1枚でこのカードシンクロ召喚できる。
 ただし、レベル4のシンクロン《ハイパー・シンクロン》《ブライ・シンクロン》とした場合は、デメリットが付随する。
 元々のレベルは4だが効果レベル2扱いとなる《ロード・シンクロン》レベルシンクロンレベルシンクロンが最も柔軟な組み合わせだろう。
 あるいはレベル1を《サイバース・シンクロン》にしてレベル変動効果を使う事でもレベル調整は可能。

 《真炎の爆発》を採用するタイプの【フレムベル】【ラヴァル】で採用する手もある。
 前者は《エンシェント・ゴッド・フレムベル》《フレムベル・アーチャー》《フレムベル・ベビー》×2、後者は《ラヴァル・ツインスレイヤー》《ラヴァル炎火山の侍女》《ラヴァル炎湖畔の淑女》×2等の組み合わせでシンクロ召喚できる。
 他にも、《地獄の暴走召喚》を採用するタイプの【ドラグニティ】も出しやすい。
 《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》シンクロ召喚し、《ドラグニティ−ファランクス》を装備して特殊召喚《地獄の暴走召喚》《ドラグニティ−ファランクス》2体を特殊召喚すれば、これら4体でシンクロ召喚ができる。

 (1)の効果は、墓地チューナーの数で自己強化する効果
 シンクロ素材チューナー3体とシンクロモンスターを要求するため、基本の攻撃力は5500〜6000となる。
 ただ、【レッド・デーモン】においてはレッド・デーモンを経由して《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》を出し、その効果蘇生した場合の方が攻撃力の合計値は上回ることが多いため、(3)の効果を活かしてこそといえる。

 (2)の効果は、自身に対する破壊耐性効果
 シンクロ召喚が非常に重いこのカードにとって、破壊耐性は相性が良い。
 対象に取らない破壊効果も無視できるが、《強制脱出装置》等の破壊以外の除去には無力であり、過信は禁物である。

 (3)の効果は、相手モンスター効果発動時もしくは攻撃宣言時に自身と相手フィールドの全てのカード除外する効果
 相手フィールドをがら空きにでき、自分カードは一切干渉しないため大きなボード・アドバンテージとなる。
 相手依存とはいえ攻撃宣言だけでなくモンスター効果発動トリガーにできるため高い制圧力を持つ。
 ただし、それらを囮にされこのカード除外された後に相手モンスターを大量展開してくる恐れもあるので、マストカウンターの見極めには注意したい。
 自分の他のカードは残るため、それらで除外中に備えることは可能。

 (4)の効果は、(3)で除外した場合に帰還する効果
 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》と違い帰還は、次の自分エンドフェイズである点には注意。
 相手ターン発動した場合や、自分ターンでもエンドフェイズ発動した場合、そのターンには帰還できない。

  • 「スーパーノヴァ(suparnova)」は「超新星」の意。
    恒星がその一生を終える際に起こす大規模な爆発現象を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 ドラゴン族 攻4000 守3000 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告