《スクラップ・ゴブリン/Scrap Goblin》

チューナー(効果モンスター)
星3/地属性/獣戦士族/攻   0/守 500
フィールド上に表側守備表示で存在する
このカードが攻撃対象に選択された場合、
バトルフェイズ終了時にこのカードを破壊する。
このカードが「スクラップ」と名のついた
カードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
「スクラップ・ゴブリン」以外の自分の墓地に存在する
「スクラップ」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える事ができる。
また、このカードは戦闘では破壊されない。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した地属性獣戦士族下級モンスターチューナー
 自壊する誘発効果墓地からスクラップサルベージする誘発効果戦闘破壊されない永続効果を持つ。

 戦闘破壊耐性を持っているが、攻撃対象に選択されるとバトルフェイズ終了時に自壊してしまう。
 しかしそれは、表側守備表示の時に攻撃対象になった場合のみである。
 よって、セットしたこのカード攻撃対象にされても自壊する誘発効果発動条件を満たさない。
 そのため追加で攻撃されない限り、そのターン中は自壊はしない。
 逆に1ターン限りの確実なとしても捉えられ、【スクラップ】では単なるチューナー以上の活躍ができるだろう。
 また、自壊前に《月の書》等で裏側守備表示にすると、制約もリセットされる。

 自身のカードの効果自壊した場合、この自壊は《スクラップ・ゴブリン》というスクラップと名のついたこのカード自身の効果によるものとなるため、墓地スクラップサルベージできる。
 サルベージ効果を持ったスクラップは多いが、このカードの場合自身の戦闘破壊耐性と抜群にかみ合うため、非常に使いやすいと言える。
 また、自壊が確定したこのカード《スクラップ・スコール》を使うのも手である。

 召喚成功時効果発動する《スクラップ・キマイラ》サルベージすればこのカードを即座に蘇生できる。
 ただし、《スクラップ・サーチャー》等を用いなければ、《スクラップ・ドラゴン》シンクロ召喚はできない。
 《スクラップ・ドラゴン》を狙うなら、《スクラップ・ゴーレム》でこのカード蘇生した方が良い。

関連カード

―《スクラップ・ゴブリン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:戦闘破壊されない効果永続効果で、他の2つは誘発効果です。(10/05/21)

Q:破壊された後、何らかの処理が入ってもタイミングは逃しませんか?
A:例えばチェーン2の《スクラップ・スコール》破壊されたとしても、逃さずに発動できます。(10/04/17)

Q:自身の効果によって、自壊した場合、回収効果発動しますか?
A:します。(10/04/17)

Q:攻撃対象に選択され、その後そのバトルフェイズ中に《月の書》をこのモンスターに使用し裏側表示になった場合、バトルフェイズ終了時に破壊されますか?
A:いいえ、発動せず破壊されません。(10/04/22)

Q:攻撃対象に選択され、その後そのバトルフェイズ中に《月の書》をこのモンスターに使用し裏側表示なり、そのバトルフェイズ中に表側表示になった場合、バトルフェイズ終了時に破壊されますか?
A:いいえ、発動せず破壊されません。(10/04/22)

Q:このカード自壊効果に対して、《天罰》はどのタイミングで発動できますか?
A:バトルフェイズ終了時です。(10/04/22)

Q:このカード自壊効果チェーンブロックは作られますか?
A:はい、誘発効果バトルフェイズ終了時にチェーンブロックが作られます。(10/04/23)

Q:表側守備表示のこのカード攻撃対象に選択されたとき、《攻撃の無力化》《ネクロ・ガードナー》等で攻撃無効にした場合、自壊効果発動しますか?
A:はい、発動します。(10/07/01)

Q:表側守備表示のこのカード攻撃対象に選択されたとき、《月の書》《炸裂装甲》等で攻撃を回避した場合、自壊効果発動しますか?
A:はい、発動します。(10/05/30)

Q:表側守備表示のこのカード攻撃対象に選択されたとき、《シフトチェンジ》等で攻撃対象を変更した場合、自壊効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(10/07/01)

Q:自壊効果発動に対して《スターダスト・ドラゴン》効果発動できますか?
A:はい、できます。(10/10/09)


Tag: 《スクラップ・ゴブリン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 獣戦士族 攻0 守500 スクラップ ゴブリン

広告