《スピリット・バーナー/Spirit Burner》

装備魔法
1ターンに1度、装備モンスターを守備表示にする事ができる。
装備モンスターがフィールド上から手札に戻る事によって
このカードが墓地へ送られた時、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。
このカードが墓地に存在する場合、
自分のドローフェイズ時に通常のドローを行う代わりに、
このカードを手札に加える事ができる。

 ANCIENT PROPHECYで登場した装備魔法
 装備モンスターを毎ターン守備表示に変更できる効果バウンスされた時にダメージを与える効果通常のドローの代わりに自身をサルベージする効果を持つ。

 自分モンスター守備表示にして戦闘ダメージを防ぐために投入するなら適当な罠カード《つまずき》を用いた方がよい。
 何らかのコンボに利用するのが基本となる。

 《ドリーム・ピエロ》《ブレードラビット》に装備すれば毎ターン除去効果発動できる。
 《D・ボードン》《D・ラジカッセン》などのディフォーマー《地縛神 Chacu Challhua》との相性も良い。
 攻撃を行った後に守備表示にできるため、常に自分に有利な効果を発揮できる。

 また、相手モンスターに装備して守備表示に変更することも可能。
 普通は使い切りとなるため《エネミーコントローラー》と比べると汎用性は劣る。
 しかし、何度も手札に加えられるため、守備表示にしたモンスター戦闘破壊に失敗しても次のターンに再び守備表示にできるのは《エネミーコントローラー》にはない利点。

 さらにこのカード《マジックブラスト》と同様、ドローフェイズ手札に加える効果を持っている。
 そのため、《召喚僧サモンプリースト》などの魔法カードコストとするカードを主軸としているデッキでの活躍が見込まれる。
 モンスターとの併用が前提になるが、戦闘補助や自分表示形式を変更できる分、《マジックブラスト》よりも汎用性は高い。
 また、装備魔法であるため《アームズ・ホール》でのサーチができ、《アームド・チェンジャー》《拘束解放波》に対応するのも《マジックブラスト》には出来ない芸当である。
 【剣闘獣】においては、相手モンスター守備表示にして攻撃することで、安全に効果発動することが可能。
 その他、毎ターン《パワー・ツール・ドラゴン》身代わり《機械竜 パワー・ツール》ドロートリガーとする使い道もある。

 バウンス時のダメージ効果は狙って発動するほどではないが、終盤でのダメ押しに役立つ時があるかもしれない。
 エンドフェイズバウンスされるスピリット妖仙獣に装備させれば毎ターンダメージを与えることもできる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの処理はチェーンブロックを作りますか?作りませんか?
A:はい、それぞれの効果は全てチェーンブロックが作られます。(09/06/10)

Q:通常のドローを行う代わりに墓地から手札に加える効果適用した時、《D.D.クロウ》除外されました。
 その場合に、通常のドローを行うことはできますか?
A:できません。(10/05/25)


Tag: 《スピリット・バーナー》 魔法 装備魔法

広告