《セイクリッド・ビーハイブ/Constellar Praesepe》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/機械族/攻2400/守 800
レベル4「セイクリッド」モンスター×2
(1):1ターンに1度、自分の「セイクリッド」モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 相手ターンにも発動可能な、セイクリッド攻撃力を補助する誘発即時効果を持つ。

 セイクリッドエクシーズ素材に指定しているため、ほぼ【セイクリッド】専用となる。
 レベル4には《セイクリッド・ポルクス》《セイクリッド・グレディ》等の展開を補助するカードが存在し、安定して呼び出すことが可能である。

 セイクリッド攻撃力を1000ポイント上げることができ、自身も3400まで上げられる。
 しかし、モンスターとの戦闘ならば《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》などのこのカード以上に打点を上げられるモンスターは沢山存在するため、打点目的での採用は薄い。
 打点を活かせないまま除去されることも多いため、あくまでこのカード《セイクリッドの星痕》などのセイクリッドサポートを活かすためや直接攻撃のダメ押しに、出すことになるだろう。
 汎用性では《セイクリッド・オメガ》《セイクリッド・プレアデス》などに劣るが、これらと並べることで、それぞれの打点をフォローできる。

 《RUM−アストラル・フォース》を使えば《セイクリッド・トレミスM7》になる。
 《セイクリッド・トレミスM7》自身の効果で重ねることもできるが、サルベージ効果が使用可能という点で違いがある。
 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》エクシーズ召喚できるため、それを目的として採用する事も考えられる。

  • 「ビーハイブ・クラスター」は、かに座にある散開星団「プレセペ星団(Praesepe)」の英語名であり、英語で「ハチの巣」を意味する単語「Beehive」が由来である。
    古代から雲のようなぼんやりとした星として知られていたが、ガリレオ・ガリレイによって数十個の星々の集合であることが観測された。
    ヒアデス星団とは星団の年齢などに類似点が多いため、同じガス・チリの集まりから生まれた兄弟の関係にあると考える説もある。

関連カード

―《セイクリッド・ビーハイブ》の姿が見られるカード

セイクリッドと名のついたレベルモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《セイクリッド・ビーハイブ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 光属性 機械族 攻2400 守800 セイクリッド

広告