《セカンド・チャンス/Second Coin Toss》

永続魔法
自分がコイントスを行った場合、その処理時に1度だけ、
コイントスを最初からやり直す事ができる。
「セカンド・チャンス」の効果は1ターンに1度しか適用できない。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した永続魔法
 1ターンに1度コイントスを一度だけやり直す効果を持つ。

 《時の魔術師》等のコイントス効果の成功率を上げることができる。
 《モンスターBOX》《一撃必殺侍》等をフルに使うならば、このカードもぜひ投入したい。
 【侍BOX】ではキーカードとなり、【ギャンブル】ではほぼ必須カードとなる。
 【アルカナフォース】では、《逆転する運命》や採用するカードによっては投入しなくてもいいが、あれば安心できる。

 ただし、1ターンに1度しかやり直すことができない。
 コイントスを要する効果が複数ある場合、例えこのカードが複数枚存在していたとしても効果は重複せず、やり直せるのは1度きりとなる。
 自分または相手ターン片方だけで効果適用するのは勿体ないので、なるべく両方の機会で効果適用できるようにデッキ構成や戦術を組み立てたい。

  • コイントスの成功確率は1/2だが、このカードでやり直すことで成功確率を3/4まで引き上げることができる。
    • 仮に表を成功とする。コイントスを2回行えるとすると、その結果は表表、表裏、裏表、裏裏の4通りであり、表裏の場合はそもそもこのカードでやり直す必要がない。
      よって、このカードを用いても失敗する結果は裏裏が出る1通りのみであるため、成功する確率は1-(1/4)=3/4となる。
  • イラストでは、《成金ゴブリン》に登場したゴブリンが逆の立場になり、別の金持ちにお金を恵んでもらっている。
    かつての面影はなく、自分が行っていた「道端に小銭を落として拾わせる」という汚い施しを、今度は自分が受けねばならぬほど、生活に窮しているようだ。
  • 第2回カリスマデュエリスト最強決定戦「千丈目vsジャンボ牛尾」において、千丈目が使用。
    何度もコイントスされたが、このカードが役に立つ事はなかった。
  • 総じてカードの効果でありルール違反ではないのだが、やり直しが効かない一発勝負なのがギャンブルの魅力とロマンであるため、それを否定するような効果を持つカードはアニメでは非難を浴びやすいようだ。
    • 一方、原作及び遊戯王Rのギャンブル使いである城之内はやり直すカードを使用しており、ギャラリーからは「デュエリストというよりギャンブラーだな」という好意的(?)な評価を受けていた。

関連カード

イラスト関連

コイントス効果を含むカードについてはコイントスを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:コイントスをやり直す効果に、チェーンブロックは作られますか?
A:いいえ、作られません。
  コイントスを行うカードの処理中に、やり直しを行います。(08/11/05)

Q:ダメージステップコイントスをやり直す効果を使えますか?
A:はい、使用できます。(08/11/05)

Q:《ブローバック・ドラゴン》等の3回コイントスを行う効果に対して使用した場合、どうなりますか?
A:3回全てを無効にして、もう1度コイントスを3回行います。

Q:このカードが2枚以上存在する時、効果は重複しますか?
A:いいえ、何枚あってもやり直せるのは1ターンに1度だけとなります。

Q:上記は「1つの効果につき、やり直しが1回」という意味ですか?
A:いいえ、「複数の効果があっても、やり直しは1ターンに1回」という意味です。
  例えば自分の場でこのカードが2枚発動しており、さらに《運命の分かれ道》《デビル・コメディアン》が伏せてあるとします。
  この状態で《運命の分かれ道》発動コイントスをやり直した場合、同一ターン《デビル・コメディアン》発動するならばそのときコイントスのやり直しはできません。

Q:《運命の分かれ道》に対して使用した場合、自分だけがトスし直しますか?それとも両者がトスし直しますか?
A:自分だけがコイントスをやり直します。(10/08/08)


Tag: 《セカンド・チャンス》 魔法 永続魔法

広告