《セグメンタル・ドラゴン/Segmental Dragon》

効果モンスター
星7/光属性/サイバース族/攻2600/守2400
(1):このカードはリリースなしで通常召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で通常召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になる。
(3):1ターンに1度、このカードが通常召喚されている場合に発動できる。
表側表示のこのカードを破壊し、その攻撃力以下の攻撃力を持つ
メインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 ストラクチャーデッキ−パワーコード・リンク−で登場した光属性サイバース族最上級モンスター
 リリースなしで妥協召喚できる召喚ルール効果、その場合に自身の元々の攻撃力(守備力)を半分にするルール効果通常召喚された自身を破壊し、それ以下の攻撃力を持つメインモンスターゾーンモンスターを全て破壊する誘発即時効果を持つ。

 (1)と(2)は、元々の攻撃力(守備力)を半分にしてリリース無しで通常召喚できる効果
 この効果により、最上級モンスターでありながら手札事故を起こしにくい。
 《パワーコード・トーカー》《禁じられた聖杯》攻撃力を戻すコンボが可能。

 (3)はフリーチェーン全体除去効果
 妥協召喚した場合は攻撃力1300以下のモンスターしか除去できなくなるが、それでも各種素材の展開を妨害するのにある程度の効果が見込める。
 《サイバネット・バックドア》一定期間だけ除外しておけば召喚したという情報は失われないまま攻撃力2600となり、除去範囲も増える。
 ただ、自分メインモンスターゾーンも巻き込むため、相手モンスターのみが破壊できるタイミング、もしくは自分モンスター破壊する意味のある状況で使いたい。

 召喚権があまりがちなデッキでは相手ターンでの妨害を兼ねた除去カードとして採用してみるのも良い。
 【Sin】【壊獣】ならば自軍の打点が高い事が殆どなので自分除去の影響を受けにくい。
 《Sin 真紅眼の黒竜》《粘糸壊獣クモグス》と並べればランク7のエクシーズ召喚も可能となる。
 変わったところでは【スキルドレイン】系統のデッキに投入してみるのも面白い。
 《スキルドレイン》の影響で妥協召喚後に2600打点として使えるだけでなく、《スキルドレイン》除去された後は攻撃力2600以下の全体除去として機能してくれる。
 上記で挙げた【Sin】《スキルドレイン》を採用しやすいため、この点も含め二重の意味で相性がいいと言える。

  • 英語で「segmental」は「segment(名詞)」を形容詞化した単語である。
    セグメントは「部分」「断片」「体節」などの意味を持ち、コンピュータの用語としてはLANを構成する基本単位を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《セグメンタル・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星7 光属性 サイバース族 攻2600 守2400

広告