《センサー万別(ばんべつ)

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1体しか同じ種族のモンスターは表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合には、
同じ種族のモンスターが1体になるように墓地へ送らなければならない。

 EXTREME FORCEで登場した永続罠
 お互いフィールドモンスターを1種族1体に制限する効果を持つ。

 《群雄割拠》の逆バージョンであり、近年は種族を統一したり特定の種族が大多数を占めるデッキも多く、影響力は大きい。
 このカードを活用するならば自分のデッキ種族がある程度ばらけている必要がある。
 例えば【剣闘獣】種族がばらけており、自身をデッキに戻してからリクルートを行うので同じ種族剣闘獣を使い分けることもできる。

 また、【種族操作】ならば相手モンスターを1種族だけにしてしまう事で展開力を大きく削ぐことができる。
 【バスター・ブレイダー】なら自分への影響は少なく、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》相手フィールドに強い制圧を掛けることができる。

 《群雄割拠》と併用することで、さらに相手に強い圧力をかけることもできる。
 その場合当然自分への影響もあるので、あまりモンスターに頼らない構築や手札誘発モンスターを活用するなどの工夫が求められる。

  • カード名は、様々に異なって同じでないことを意味する四字熟語「千差万別」に「センサー」をかけているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《センサー万別》 永続罠

広告