《ダーク・ダイブ・ボンバー/Dark Strike Fighter》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ダーク・ダイブ・ボンバー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える。 

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性機械族シンクロモンスター
 モンスター射出して相手ライフダメージを与える起動効果を持つ。

 シンクロ素材縛りがないレベル7としては高い攻撃力を誇り、採用するデッキを選ばない射出効果を備えるため汎用性も高い。
 ダメージは少なそうに思えるが、レベルモンスターでも《ガガガガンマン》と同等の800ダメージと、それなりの火力になる。

 発動可能タイミングがメインフェイズ1に限定されているため、射出するモンスターには「レベルは高いが戦闘に参加させにくい」ものを選びたい。
 特殊召喚が容易な《メタル・リフレクト・スライム》や、出したターン攻撃できない《光帝クライス》等が適している。
 射出時に効果発動できる聖刻や、その効果特殊召喚した攻撃力0のドラゴン族も有力な候補となる。

 自身を射出することもできるため、相手ライフが1400以下であればそのままフィニッシャーになれる。
 状況によって、そのまま攻撃するか、モンスター効果発動するべきかの判断を的確に行いたい。

  • カード名や初出時のスーパーレアゆえの光沢、腕など目立ちやすい部分の配色や背景とのコントラストからカラーリングが黒だと誤認されることがあるが、実際にはオレンジ系の色が大部分を占めている。
    アニメで確認できる色合いは《ジャンク・アーチャー》に近い。
  • 「Dive Bomber」という名称から「急降下爆撃機」がデザインモチーフになっているものと思われる。
    なお、英語名の「Strike Fighter」は「戦闘爆撃機」という意味。
  • イリアステルがチーム・5D'sの面々に見せた「未来のネオ童実野シティ」の映像の中にこのカードが映っている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 6では、通常のボマーとダークシグナーと化したボマーのそれぞれに異なるシンクロ召喚の口上が用意されている。
    通常版のシンクロ召喚の台詞は、「我が身に眠る、心の闇よ! 黒き暴風となりて、全ての敵を打ち払わん! シンクロ召喚! 現れろ! 《ダーク・ダイブ・ボンバー》!」。
    ダークシグナー版のシンクロ召喚の台詞は、「闇から出でよ、鉄血の翼! 黒き暴風となりて、全ての敵に死を与えん! シンクロ召喚! 現れよ! 《ダーク・ダイブ・ボンバー》!」。
    また、DUEL TERMINALおよびTAG FORCE 6によれば、攻撃名は「マックス・ダイブ・ボム」である。
  • OCGにおけるあまりの強さが反映され、ゲーム作品内でも何かと優遇される傾向にある。
    例えばDUEL TERMINALではボマーのデステニースキャン、TAG FORCE6では禁止カードにもかかわらずボマー(通常版)のクリア特典となっており、《ジャイアント・ボマー・エアレイド》を差し置いてボマーの象徴と化している。
    一方でゲーム内の禁止・制限リストでは現実よりも早く規制されており、WCS2009の世界大会リストでは制限カード、遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORでは稼動開始と同時に禁止カードに指定されていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストですか?
  また、このカード自身をリリースすることはできますか?
A:リリースコストで、このカード自身もリリースしてダメージを与えることができます。(08/11/16)

Q:自身の効果によってレベルが変化した《トラゴエディア》リリースした場合、ダメージはどうなりますか?
A:リリースする時点でのレベルを適用するので、効果によって変化したレベル×200のダメージを与えます。(14/03/21)

Q:《メタル・リフレクト・スライム》リリースした場合、ダメージを与えられますか?
A:はい、レベル10×200で2000ポイントのダメージを与えます。(08/12/03)

Q:裏側表示モンスターリリースできますか?
A:はい、リリースでき、カードに記載されている元々のレベル×200ポイントのダメージを与えます。(14/03/21)

広告