《ダークネス・デストロイヤー/Darkness Destroyer》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2300/守1800
このカードは特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE3 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 特殊召喚できない召喚制限2回攻撃できる永続効果貫通ダメージを与える永続効果を持つ。

 特殊召喚できない召喚制限があるので、召喚サポートをしなければそのままではリリース2体が必要になる。
 《ダブルコストン》《終焉の焔》《死皇帝の陵墓》《悪魔の憑代》などで召喚を行いやすい構築にしたい。
 《悪魔の憑代》は特に相性が良く、破壊耐性も付与できる。
 《七星の宝刀》《サンダー・ブレイク》などで処理すると、蘇生帰還で再利用できないため手札コストにする際は留意したい。

 無条件での2回攻撃効果貫通効果を同時に持ち合わせており、複数の守備表示モンスターを対処するのに優れている。
 《冥王の咆哮》《暗黒の扉》との併用も有効であり、《進撃の帝王》等で耐性を付与しても良い。
 また、自身の攻撃力強化相手モンスター守備力弱体化を兼ねる《ダークゾーン》との相性も良い。

 それでも最上級モンスターの割に攻撃力が低く、エクシーズモンスター等に軽く処理されてしまう。
 2回攻撃可能な《機甲忍者ブレード・ハート》等のようなエクシーズモンスター《メテオ・ストライク》等をつけたほうが安定する。
 もちろん《サイクロン》等で破壊されるリスクはあるが、こちらも《神の警告》《奈落の落とし穴》等のリスクがそれらより遥かに大きいのが現実である。
 苦労して召喚したこのモンスター《次元幽閉》等であっさり除去されてしまっては目も当てられないため、当然伏せ除去等も必要となる。
 それでなくとも、《E−HERO マリシャス・エッジ》《E−HERO ヘル・ゲイナー》効果や、効果を発揮するなら《ツイン・ブレイカー》《デーモンの斧》等を装備した方がカードの消費が少ない。
 運用する場合は、専用構築をして1ターンキルを狙うのがベストだろう。

関連カード

―《ダークネス・デストロイヤー》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ダークネス・デストロイヤー》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2300 守1800 特殊召喚不可

広告